新マガジントップ画像3

3-2.テンポとベクトル、フレーズ 1

短くてもキツい教則本

高校生のときにレッスンで使っていたアーバン金管教本、たった30小節程度の短い曲を1つ演奏しただけでヘトヘトになっていました。

(アーバン金管教本より。同じパターンの羅列がキツさを助長しています)


確かにアーバンはマウスピースを口から離す時間がまったくなく、演奏し続けなければなりません。みなさんの中にも、同じような経験ありませんか?大して長くないメロディだけれども、やたらと「キツい」と感じてしまうこと。

こうした状態はなぜ起こるのでしょうか。また、演奏し続けるために必要なこととは何なのでしょうか。今回はこれをテーマに話を進めてまいります。


この続きをみるには

この続き:3,939文字/画像4枚

3-2.テンポとベクトル、フレーズ 1

ラッパの吹き方 Ver.2.0/荻原明(おぎわらあきら)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ラッパの吹き方Ver.2.0をご覧いただきありがとうございます。 いただいたサポートは、記事のご購入額と合わせ、出版資金に充てさせていただきます。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

今後ともよろしくお願いいたします!
1

ラッパの吹き方 Ver.2.0/荻原明(おぎわらあきら)

トランペットを吹く人、教える人、荻原明による「技術本(2019年1月公開開始)」「ハイノート本(全記事掲載完了)」の記事です。技術本では様々な演奏テクニック習得と練習とは何か考えます。 荻原明オフォシャルサイト→ https://www.trumpet-ogiwara.com

テクニック本【第3章】

技術本の「第3章 —音階と拍子—」のマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。