新マガジントップ画像4

4-3.スタッカート

テクニック本インデックスバナー

画像2

画像3

音を短く切る?

楽譜の出現率としては非常に高いスタッカート。みなさんはこの記号をどのように解釈していますか?

今の小中学校の音楽でどのような伝え方をしているのかわかりませんが、僕は学校でスタッカートを「音を短く切る」と習いました。ある人には「音符の半分の長さで演奏する」とも教わったことがあります。

子どもの頃というのは(こんな私でも)素直なもので、最初に教わった解釈をずっと信じて演奏していたものです。

スタッカートが書いてあれば音を短く「切る!」切って切って切りまくる。これでもか、と言わんばかりに音を短く「切る!」 斬る!ジュバッ!


この続きをみるには

この続き:2,200文字/画像2枚

4-3.スタッカート

ラッパの吹き方 Ver.2.0/荻原明(おぎわらあきら)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ラッパの吹き方Ver.2.0をご覧いただきありがとうございます。 いただいたサポートは、記事のご購入額と合わせ、出版資金に充てさせていただきます。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

ありがとうございます!
3

ラッパの吹き方 Ver.2.0/荻原明(おぎわらあきら)

トランペットを吹く人、教える人、荻原明による「技術本(2019年1月公開開始)」「ハイノート本(全記事掲載完了)」の記事です。技術本では様々な演奏テクニック習得と練習とは何か考えます。 荻原明オフォシャルサイト→ https://www.trumpet-ogiwara.com

テクニック本【第4章】

技術本の「第4章 —アーティキュレーションの基本—」のマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。