新マガジントップ画像2

2-6.タンギングの実践

今回は実践です

前回は「タンギングの基礎」と題して、タンギングの考え方とその方法について解説しました。今回はより実践的に書いてまいります。
前回の記事をご覧になっていない方はぜひそちらを読んでいただいた上でこの記事を読み進めてください。

open位置

open位置というのは要するに音が出ている時間のことで、楽器が最も鳴る部分=音のツボに当たっている状態を指しています。音のツボに関しては少し前にこの「技術本」で詳しく書きました。

open位置といっても、トランペットは音の高さを変化させるために空気圧の調節、要するに「口の中の容積変化」コントロールが必要になります。
音域変化については”note”にて連載していた「ハイノート本」の中の記事がとても明確で詳細に書いておりますから、ぜひそちらをご覧いただければと思います。

この続きをみるには

この続き:4,607文字/画像5枚

2-6.タンギングの実践

ラッパの吹き方 Ver.2.0/荻原明(おぎわらあきら)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ラッパの吹き方Ver.2.0をご覧いただきありがとうございます。 いただいたサポートは、記事のご購入額と合わせ、出版資金に充てさせていただきます。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

ありがとうございます!
5

ラッパの吹き方 Ver.2.0/荻原明(おぎわらあきら)

トランペットを吹く人、教える人、荻原明による「技術本(2019年1月公開開始)」「ハイノート本(全記事掲載完了)」の記事です。技術本では様々な演奏テクニック習得と練習とは何か考えます。 荻原明オフォシャルサイト→ https://www.trumpet-ogiwara.com

テクニック本【第2章】

技術本の「第2章 —基礎的な技術を身につけよう—」のマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。