「いつ休んでいるのか?」について

「いつ休んでいるのか?」は、私がよく受ける質問のひとつです。土日や時間帯に関係なく、常時メッセージを飛ばしますし、レスポンスが早いことから、疑問を持たれるのだと思います。

私は、週に7日間働き、月に3日間と年に20日間休みます。

毎日、朝は午前10時に起きて(目覚ましは使いません)、その10分後、オフィスに到着します。週に2,3日はオフィスで寝ているので、その場合は、起きた時点でオフィスに到着していることになります。夜は、日付が変わって午前2時まで、オフィスで何かをしています。

オフィス内で何をしているか

仕事、即ち作業をしている時間は、長くて8時間、短いと3時間、中央値は6時間程度と観測しています。コアタイムは適当で、やりたい気分になったとき、細切れで作業をします。1バッチが20分ならば、それを18回です。朝から深夜まで、それらがバラバラに分布しています。来客やオンライン会議があれば、その時間が仕事時間に加算されます。

仕事以外の最大の活動は、"考え事"です。毎日3時間ほど没頭しています。内容は、もちろん仕事も含まれますが、抽象的な事柄も多く、文章化を試みても私ではあまり上手に説明できないでしょう。どちらかといえば、ひとつの問題を色々な角度から繰り返ししつこく考えてみるタイプです。他に、考え事と同じくらい専門領域の勉強や調べ物をしていますが、それはごくごく一般的。メンバーがいる日中は、ゆっくりランチを食べながら、おやつを食べながら、コーヒーを飲みながら談笑していると、いつのまにか時間が経っています。

オフィス外で何をしているか

平均すると週に1回ほど、クライアントオフィスでの打ち合わせに参加します。私は外出、特に恵比寿エリアの外に出るのが嫌なので、できるだけ物理的登場が必要な仕事はしないようにしているのですが、それでもそういった機会はなんだかんだで存在します。ま、たまにはいいか、程度の軽い気持ちも少しはあります。以前は、新しいクライアントになるのかな、という方々との最初の打ち合わせ時、私が物理的に登場することが多かったのですが、最近はオンラインで済ませがちです。

週に1度、整体とジム、銭湯にいきます。その他何度か、メンバーを家に送りながら軽くドライブすることもあります。外食は殆どせず、メンバーが丁寧に作ってくれる食事をありがたく頂いています。週に1回くらいは、夕食を友人もしくは家族と一緒にします。この場合は外食です。これまで継続的に、仕事の付き合いから派生する会食は避けるようにしてきたので、最近は誘われなくなりました。前述の、オンラインで会議が済ませられるようになったことも含め、私のような人間にとって心地よい世の中になったものです。

これがオフィス外で私がすることの99%です。他に何もありませんし、何かしたいとも思いません。

もうすこし長いスパンで見ると

土日祝日、盆暮れ正月に関係なく、上記のような生活を毎日送っています。

毎月1度は海外へ出張します。仕事の後、3日間ほどひとりでその地域の行ったことない場所に赴き、そこで考え事をする期間が休みと言えば休みです。しかし、常時オンラインで仕事に対応します。その他に、年に2度、10日間程度、高校時代の友人たち(アメリカ人)と遠出します。これは正真正銘のバケーションですね。そうそう、およそ2ヶ月に1度のペースで関西へ出張に行きます。このとき大阪の良いホテルに一晩余計に泊まってゆっくりするのは、嫌いではありません。

ということで、労働時間は短いのですが、人よりも長い時間、すぐに返信できる環境にいるので、nagabotはいつ休んでいるのだろう?という疑問を持たれるようです。旅行で訪れたい場所はあるけれど、東京で終日休みをとってもやりたいことはありません。1日12時間も働きたくはないけれど、毎日6時間であれば継続できます。仕事をしたくない朝もあれば、本を読みたい昼もあります。できるだけ自分の精神状態を良好に保つことができる体制構築へのチューニングを続けていたら、このような生活に至りました。以上、別にどうってことない話をしました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ナガボット1号

14

nagabot

想定質問への事前回答

口頭コミュニケーションが苦手(面倒)なので、少しでも減らすためのもの
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。