見出し画像

きみの背中が、見えなくなっても。【ショートストーリー】

さっきまで何度も保安検査の手順を確認していたきみは、一度もこちらをふり返らずにゲートをくぐって行った。

きみは、リュックを背負いなおして前を向く。
12歳。まだ細く頼りない背中だけど、ずいぶんと大きな荷物を背負えるようになったものだ。

出発ゲートの場所を教えようと携帯を鳴らしても、応答はない。

大丈夫。きっと、大丈夫。

デッキへ行きたい気持ちを抑え、駐車場へ向かった。

さて、今日はなにをしよう。
きみがいない2週間、わたしは十数年ぶりの一人暮らし。

「定刻通りの予定です。お迎えよろしく」きみの父親へ、メールを入れる。

いつか今日のように、きみは前だけを見てわたしの元を旅立つだろう。
その背中を、きちんと見送ることができるだろうか。


車のエンジンを入れると、きみの聴いていたアニメソングが流れはじめる。

わたしのお気に入りの曲に変えて、窓をあけアクセルを踏む。

晴れた空に、いくつもの飛行機がとびたっていった。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読み頂き、ありがとうございました。 読んでくれる方がいるだけで、めっちゃ嬉しいです!

猫の名前は『つばめ』です!(燕尾服のような模様から)
23

高嶋イチコ

辞書でランダムに出た単語を使い、毎日文章を書いてました…が、最近は自分でつくったルールを無視して、好きなように書いてます。   掌編小説、エッセイ、短いもの、長いもの。ごちゃまぜですが、読んでもらえたら嬉しいです。 2018/11/27より、毎日更新中。

れいちぇるフォトを使ってくださったnote

みんなのギャラリーに公開している私の写真を使ってくださった方々のnote
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。