政治家見習い、お金がかかるの巻。

よし頑張るぞ!と意気込んで書いた前回の初エントリですが、高校の同級生から「つまらん」とメッセージが来てかなり凹んでました。

この記事からお読みいただいた皆さん、はじめまして。土屋和樹と申します。東京都北区で政治活動駆け出し中です。

活動をはじめておよそ2ヶ月。あっという間に過ぎました。そしてあっという間に貯金が底をつきはじめました。

何にお金がかかるのか

事務所を借りました。といっても、1ルームの部屋よりも狭いです笑。

もちろん団地の自宅の部屋でも作業や荷物を置くことはできます。しかし、団地には当然自分の看板も出せないし、政党活動用のポスターも貼れません。

北区ビギナーの自分のことなど町の誰も知りません。とにかく名前と顔を知ってもらうことが不可欠です。そこで(とにかく安くて目立つ)事務所物件を探していたら、幸運なことに、2つの大通り(環七通り、北本通り)に面した角地の定食屋さんの2階が空いてるということで、自分の事務所兼後援会事務所としてお借りしました。その上で看板2枚(サイズは規定有り・要届出)を製作し、それを業者に設置してもらいました。オーナーご夫妻のご理解あってのことです。本当に感謝しています。

次に用意したのは、政治活動の基本・街頭演説グッズ。のぼりを業者に発注して買いました。キャッチフレーズは「私が変える。あなたと、変える。」(ドヤ顔)。

ところがここで大失敗。併せて購入したのぼり台、ごらんのようにでかいんです。。。これ、どうやって自転車や徒歩で持ち運ぶの。。。慌てて折りたたみ式の鉄製台を注文しました(そして行き場を失った巨大のぼり台は狭い事務所で場所を食って、ほんと邪魔です・・・)。

メガホンも必要ですよね。街頭演説で定番サイズのこの商品、3万弱です。さらに、ワイヤレスマイク、ワイヤレス装置を付けたら大体7万です。なぜワイヤレスが必要かというと、孤軍奮闘の自分は喋りながらいろいろ配らないといけないので、身動きがとれないと制約が出ると思ったからです。もちろん、なくても出来るっちゃ出来ますが。※ここは今後活動はじめられる方、検討ポイントです。

このほか、事務所で作業するための机やいす、本棚、ライトなども購入。事務所の並び、徒歩1分のところに「お値段以上」の東京本部があるのが救いでした。備品の大半はここで揃えています。

名刺はPowerPointを使って格安のネットプリント業者に発注しました。2000枚で4000円程度だったのでまあまあ節約。

と、備品を揃えるだけで結構なお金がかかっています。まだ11月です。

そして何よりも重要なのは、前回エントリで書いた通り、会社を辞めたのでお金は出ていく一方です。家賃も食費も光熱費も、貯金を毎月取り崩して払っています。仮に月20万の出費だとして半年で120万です。

自分は独身なので自分の生活費だけまかなえればまだどうにかなりますが、これが妻子のある身だと、そりゃ反対もされるでしょう。サラリーマンが政治家に転じるというのは、とてつもなくハードルが高いのです。

ということで、地方議員の属性を見てみると、左うちわで家賃収入のある地主さんや、老舗のお店の息子さん、親子代々議員をやっている名家、が目立ちます。

議会で様々な声を反映させる、という点で、サラリーマンがもっと政治参加すべきだと思いますが、そう簡単なことではないですね。

そうした環境のなか、節約できる部分を模索しています。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

地味にうれしいです、、、!
6

土屋和樹@東京都北区あれこれ

平成の終わりに、会社を辞めて政治家をはじめてしまいました。1974年生まれ。東京・北区、王子五丁目団地に住んでいます。元NHK報道デスク。Twitterでは北区探検中。@tsuchiyakitaku / 政治アプリ・PoliPoliにも参加。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。