ネット選挙ビジネス、花盛り。

先日、自分宛に初めて選挙関連のダイレクトメールを頂戴しました。ありがたやありがたや。
でも、この住所、どこで収集!?笑

こんにちは!
会社を辞めて東京都北区で政治活動を始めた、土屋和樹です。

写真の宛名にある政治団体「土屋和樹と未来を変える友の会」は、9月末に設立したいわゆる後援会です。ただいま会員絶賛募集中です!
入会費年会費一切なし!お手伝いノルマなし!超健全弱小後援会です。ご興味ある方はお知らせください!(もうすぐウェブサイトが出来るのでそちらからもどうぞ!)

宣伝が長くなりましたが、、、

その「友の会」事務所に届いたダイレクトメール。封を開けてみると、選挙ビジネスの世界が広がっていました。

ネット選挙ツールが充実!

入っていたのは、選挙にまつわる各種サービスの案内です。全部で5種類程度。

中でも目についたのは、ネット関連のサービスです。

例えば、「政治家向けにデザインが施されたホームページ制作」。
スマホ対応で、素材をメールで送るだけであとはサクッと作ってくれると。
手軽さが売りのこのサービス、気になるお値段は初期費用10万+月額1万(レンタルサーバー代込み)。ふむふむ。

さらには「選挙に特化したクラウド名簿地図アプリ」なるものも。
後援会の名簿情報を住宅地図と重ねながら管理できて、その上、後援会の世帯加入率なども割り出せると。これはすごい笑
こちらは統一地方選挙が終わるぐらいまでの契約で約7万程度。

やはり、ネット選挙が本格化するのに合わせ、新しい選挙ツールも次々と開発されてるんですね。

特に4年に1度の統一地方選挙は日本全国の自治体で行われますから、商品が当たれば大きい。

しかも今年はその後に参議院選挙もありますから、選挙ビジネスを手掛ける業者にとってはビッグイヤー。これからまだまだ案内が来そうです!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

地味にうれしいです、、、!
2

土屋和樹@東京都北区あれこれ

平成の終わりに、会社を辞めて政治家をはじめてしまいました。1974年生まれ。東京・北区、王子五丁目団地に住んでいます。元NHK報道デスク。Twitterでは北区探検中。@tsuchiyakitaku / 政治アプリ・PoliPoliにも参加。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。