見出し画像

上司は忙しい時に限って犬のエサを買いに行く

古い昭和の名残みたいな会社で働いていた。70代の上司と事務員の私とで、拾った野鳥の雛を育てる呑気な会社だった。

呑気な会社にも忙しい日はあって月に一度、取引先やお客様宛に封筒にチラシを入れて送る作業があった。その数約5000通で本社から送られてくるチラシを届いたその日にまとめて作業するのがどの支店でも恒例だった。本社から早めに送付するように申し送りが来ていたから、チラシが届くと各自が持っている仕事を一旦止めて事務所にいる全員で封入糊付け作業を行った。当時いた小さな支社では昼間、営業担当者は出払っていて私と上司の二人きりで仕事をしていたから当然その封入作業も二人で力を合わせてやっていた。

その日はチラシがお昼に届き、午後からやりましょうと話をしていた。お昼休みが終わり私がその作業を始めていたら、上司がゴソゴソと出かける準備をし「ちょっと犬のエサ買いに行ってくる」と言って出て行ってしまった。

「犬のエサ買いに行ってくる」

え、今なの?昼休みパソコンで演歌聴いてたじゃん。月に一番忙しいその時に犬のエサ買いに行くのって優先順位おかしい。仕事終わってからでも犬のエサ売ってるお店は営業してる。

もちろん支店で犬は飼っていない。上司が家で飼っているシベリアンハスキー用のエサを買いに行ってしまった。もしかしたら優先順位という言葉を知らないのかもしれない。この前上司のパソコンの画面が見えた時にヤフー知恵袋の「ルーティンとは?」のサイトを読んでいた。大体の人がルーティンの言葉の意味を知っているこの時期に調べているから『優先順位』という言葉も知らないのかもしれない………そんな訳はない。

逃げた。逃げたな。
「僕は手先が不器用だから」「つぐみさんは早いねぇ。僕いてもいなくても変わらないんじゃない?」「これいつ終わるんだ?気が狂いそうになるな」とかなんとか前回の時に言っていたし、夏ミカンの皮も手先が不器用だからつぐみさん剥いてよと甘えてくる上司だった。

やりたくないんだな。わかる。わかるよ、出来れば私も明日の朝のパンを買いに行きたい。交代でパン買いに行ってもいいですか?

考えてみれば大人の作法として「銀行に今日が期限の振込があるから」とか「取引先の〇〇さんから呼び出されて」だとか適当な嘘をついてスマートに外出することも出来るのに、仕事中に「犬のエサを買いに行く」といって本当に犬のエサを買いにいってるのだから正直な人なのだ。

コーヒーの香りをさせながら1時間程で戻ってきた。

メジロの雛を拾った時もその封入作業の日で「鳥のエサ買ってくる」と言って出て行き雛と私は残された。

忙しいときに限ってエサを買いに行くのは毎回ではなかったから『今日は買いに行く』『前回行ったから今回は行かない』と私は賭けをしていた。最終的には「乾電池買いに行ってくる」になった。

この国の人は働きすぎだし、ちょっとくらい休憩したっていい。

ベトナムへ旅行に行った時、国営百貨店の店員のお姉さんはカウンター後ろの空きスペースで地べたに座ってフォーを食べていたし、ニューヨークではふらりと入ったアパレルショップの店員のお姉さんが二人で店内のBGMと一緒に熱唱していた。
ちょっとくらい緩くてもいい。
仕事中に犬のエサを買いに行ってもいい(多分本当はよくない)

ただその封入作業の日を避けてもらえれば…私の願いはそれだけだった。けれどその願いはあまり叶わなかった。

その上司は遠くへ異動してしまった。風の噂によると異動先で上司の下に配属された新入社員の男の子はストレスから円形脱毛症になってしまったらしい。かわいそうに、新入社員には荷が重すぎる。名前しか知らないその男の子と飲みに行ったらどんなに盛り上がるだろう、新しい支店ではどんな事をやったんだろうなんて考えていた。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ラブ♡
10

つぐみ

今と昔のこと。アイコンの女の子と髪型だけ似ています。

上司と部下シリーズ

呑気な会社

コメント2件

コーヒーの香りをさせながら戻って来たところで、思わずフフッと笑ってしまいました。
昭和の雰囲気が残っている職場、色々と行動がおかしい生き物好きの70代の上司、そのせいで何かしら小さな迷惑をこうむっている部下の“つぐみさん”、という「上司と部下」のお話がまた読めて嬉しかったです。
近くのセブンイレブンのコーヒー飲んできたな…って香りでわかっちゃいました。憎めない方でしたが、生き物の優先順位が高すぎてちょっとだけ困っていました。
きっとどこの会社でも小さな迷惑をこうむってる人はいますよね。

読んでいただいてありがとうございます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。