09 ウェルカムできる場所をつくる

東京ディズニーリゾートの玄関口、舞浜駅を降りてすぐ左手に「ウェルカムセンター」という場所がある。

入るとすぐ、コンシェルジュのような身なりの良い男性が「ようこそおいでくださいました」とにこやかに立ち、「荷物のお預かりでしょうか? ホテルのチェックインでしょうか?」と尋ねてきてくれる。

館内では、これからはじまる冒険の旅への想像をかき立てるBGMがうっすらと、それでいて小気味よく流れている。

ここにいる人たちの顔は、いずれも喜びに満ち溢れている。

いま住んでいる佐久穂町という場所をひとつのテーマパークと見立てたとき、そういうウェルカムできる場所を作りたいと計画を進めています。

このまちを目指してやってきた皆さんに「ようこそ!」と声をかけたい。見知らぬまちで「ようこそ!」と誰かに言ってもらえると、旅ってまた一味違ってくるし、楽しくなるものだ。

コーヒーを一杯飲んで一息つけるところであり、場合によっては、簡単な宿泊まで。

やったことはないです(笑)。でも、できるからやるのではなく、やるからできるようになるのです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

塚原 諒

茂来山の麓から -ぼくの佐久穂案内-

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。