みはるんへ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。 サポートしていただけるとやる気が出ます! いただいたものは全て制作費用として使わせていただきます。

ふぬ!
365

つき はなこ

漫画家○人生遠回りなA型女○堂本剛の嫁になりたかった ○連載中 マイナビ農業「農家に憧れなかった農家の娘」 ○noteマガジン「ピン留めの惑星」(大島智衣さんとの共同マガジン) ○他作品 集英社「夢見がちなジュピター」 など tsuki_hanako@outlook.jp

しとねでたゆたう短編集

眠れない夜に読めそうな短いお話
4つ のマガジンに含まれています

コメント10件

なかま さゆみ さん
ありがとうございます。悲しみでデリケートになってる分、相手の態度に反応してしまいますよね。
ひびき むすぶ さん
こちらこそありがとうございます。相手に悪気はないのかもしれないけれど、なんだかひっかかる言葉ってありますよね。近親者を無くしてデリケートな時は、感じやすくなっているのからこそ、本当の強さややさしさが何か考えてしまうのかもしれません。
あるあるやね。

葬式にサクラ呼ぶ人もいる。
悲しみに便乗して自分の株「だけ」を上げようとするエゴの塊もいる。
まだサクラのほうがマシかな。
ありがとうございます🙏ちょうど大事な友人が1番の親友を亡くしたと、人づてに聞いたばかりだったので、本当に悲しみの中にいる人に、無神経でないこととただお悔やみを伝えることのみで、虚しい飾りをつけた言葉を吐かずにすんだのではないかと思います。ちょっと自信はありませんが…
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。