見出し画像

Apple Musicでポール・マッカートニー「心のラヴ・ソング」を最高音質で聴く方法

本日の記事では、Apple Musicにてポール・マッカートニーの「心のラヴ・ソング(Silly Love Songs)」を最高音質で聴くための方法をお伝えします。

心のラヴ・ソング(Silly Love Songs)」は、1976年にアルバム「スピード・オブ・サウンド(At the Speed of Sound)」からシングル・カットされ、全米1位に輝くとともに、76年の年間チャートでも1位と獲得するなど、正にポールの70年代の代表曲の1つとなりました。

ビートルズ解散後のベスト・プレイと言える素晴らしいベース・フレーズと、同年の全米ツアーでもフィーチャーされていたホーン・セクション、ストリングスとを組み合わせた巧みなアレンジ。

メンバー・チェンジを繰り返したウイングスの中でも最高のラインナップによる高度な演奏テクニックが相まって、最高の楽曲となっています。

そんな、素晴らしい楽曲である本作が収録されたアルバムで
Apple Musicにラインナップされているのは、以下の3枚となります。

All the Best(UK Version)

1987年に当時の新曲「Once Upon a Long Ago」(全英10位)を収録の上発売された、ソロ、ウイングスを通じた正にオール・タイム(全ての時代を通した)のベスト・アルバム。

キャリアを通じて、イギリスとアメリカでヒットした曲が一部異なるため、それぞれ収録曲を変えて発売されている。

Wingspan:Hits and History

リンダ(最初の妻)の死後発売された、ビートルズ解散後、84年の「No More Lonely Nights」までの正にポールの全盛期を2枚にまとめたベスト・アルバム(2001年発売)。
シングル・テイク、ラジオのオンエア用のDJバージョンなど、貴重なテイクを多数収録したマニアにも嬉しい仕様となっている。
なお、スティーヴィー・ワンダー、マイケル・ジャクソンそれぞれとのデュエット曲「Ebony and Ivory」、「Say Say Say」は純粋なソロ曲と言えないことから収録されていない。

At the Speed of Sound

過去のカタログをリマスター再発するプロフェクト「アーカイヴ・コレクション」の一環として2014年に「Venus and Mars」と同時発売された「At the Speed of Sound」。

過去のカタログ同様、最高の音質でリマスターされた本盤は、従来のファンはもとより、ポールを知らない若い世代の方にも聴いてほしい1枚だ。


それでは、Apple Musicにて「Silly Love Songs」を聴く時に、私達は、①~③のどのアルバムを選べば良いのでしょうか?

答は、③です。


■80年代のCDは音質が悪い

まず、①の「All the Best(UK Version)」ですが、発売されたのが87年で、当然のことながらリマスターはされていません。

以前の記事でも触れたことがありますが、80年代発売されたCDは、マスタリングのノウハウと技術が確立していないことから、今聴くと、非常に音質が悪いものが多いです。

この「All the Best(UK Version)」も、やはり、昨今のリマスター盤と比べると、どうしても音がくぐもって聴こえてしまいます。


■マスターテープの劣化が見られるWingspan

次に②の「Wingspan」ですが、こちらは致命的な欠陥があります。

恐らくマスターテープの劣化によるものだと思われますが、5:42のところに音揺れが発生しています。これはマスタリングしたエンジニアがマスターテープを真剣に聴き込んでいないという怠慢ぶりを示す一つの証拠をなります。

間違っても、こういうアルバムを買ったり借りたりしてはいけません。


■素晴らしいマスタリングのアーカイヴ・コレクション

最後に③の「At the Speed of Sound」ですが、もうこれは素晴らしいの一言に尽きます。

名盤「Band On the Run」に始まったこのアーカイヴ・コレクションの特徴ですが、非常に丁寧なマスタリング・エンジニアの仕事ぶりが光る、最高のプロジェクトとなっています。
「Wingspan」で発生していた音揺れも見られないことから、オリジナルのアナログ・マスター・テープから丁寧にリマスタリングされた物だということが容易に想像出来ます。

最後に一点だけ注意点を。

Apple Musicには、この「At the Speed of Sound」が2種類ラインナップされています。

1つは先ほど紹介したアーカイヴ・コレクションの「At the Speed of Sound」。

ジャケットはこちら。

特徴としては、

・左側に、アーカイヴ・コレクションであることを記載した縦長の白い帯状のロゴがあります。

・タイトルが「At the Speed of Sound(Deluxe Edition)」または「At the Speed of Sound

・発売年の表記が 2014


もう一つが、通常の(アーカイヴ・コレクションではない)もの。

ジャケットは

特徴は、

・ジャケットの左側にアーカイヴ・コレクションの白抜きのロゴがない

・タイトルが「Wings At the Speed of Sound

・発売年が1993

この通常盤は残念ながら、「Wingspan」と同様の箇所に、音揺れがありますので誤って選択しないよう気をつけて下さい。


この記事を参考にしていただき、皆様がポールの名曲を最高の音質で聴くことができたら、それに勝る喜びはありません。


関連記事

2015リミックスで蘇ったポール・マッカートニー『タッグ・オブ・ウォー』

リンダのコーラスに圧倒される!ハイレゾで聴くポール・マッカートニー・アーカイヴ・コレクション『ラム』


人気記事

ポリネシアンセックス。僕が実際に体験した、そのケタ違いの快感を語ろう

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します

夫婦のラブタイムの必需品!私がLCのラブコスメ「リュイール ホット」をオススメする3つの理由

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。