五反田の「カームホテル」での、妻との濃厚なコスプレ・セックス・レポート

その日、僕は妻と、五反田駅で待ち合わせ。

久々の夫婦水いらずでのデートです。

今回は、五反田のラブホテル「カームホテル」でコスプレ・セックスをするというプランを立てました。

しかし、せっかく五反田まで来たのですから、ただセックスするだけではなく、その前に、ランチで美味しいものでも食べようということになったのです。

この日僕たち夫婦が選んだのは、ミート矢澤の系列店「あげ福」でした。

あげ福」でミート矢澤の極上肉を堪能した後、いよいよラブホにチェックイン。

今回利用したのは、五反田駅北口の「カームホテル」です。

この「カームホテル」、最大の売りは、ラブホテルらしくないスタイリッシュな佇まいです。

ラブホ特有のいかがわしさや暗さは皆無。

受付も従業員の顔が通常のホテル同様、オープンになっており、チェックインの際の後ろめたさを感じる要素は微塵もありません。

まず、ここが、チェックインの際に女性に抵抗感を抱かせないポイントとなります。

もちろん、女性にとって嬉しい要素はこれだけではありません。

この「カームホテル」は、部屋の内装も、以下の写真の通り、通常のラブホとは一線を画す、スタイリッシュな作りになっています。

これまでラブホを利用してきて感じていたのが、「ラブホ特有のいかがわしい(=後ろめたさを感じさせてしまうような)雰囲気が何とかならないのか?」という思いです。

本来、セックスは神聖でかつ素晴らしいものであるはず。

決してコソコソ隠れてするものではありません。そもそもタブー視すること自体がおかしいのです。

しかし、残念ながら日本では、長年の間、そして現在に至るまでセックスはいかがわしいものとして扱われてきました。

ラブホのどこがいかがわしい雰囲気は、性(=セックス)をタブー視する日本人の意識が、生み出した文化とも言えるでしょう。

その点、今回利用した「カームホテル」は、徹底的にそのような雰囲気を排除していて好感が持てます。

そして、この「カームホテル」は、ただスタイリッシュなだけではありません。そこはやはりラブホテル。

以下のとおり全部で20種類のコスチュームがラインアップされており、カップルでコスプレ・セックスを楽しむことができるようになっています。

1.純情セーラー服 2.神女子学園初等科制服 3.純白セーラー服 4.今DOKIブレザー 5. ご指名☆ナース 6.バニーガール 7.夢で見たセーラースク水 8.密室秘書 9.ときめき☆スク水 10.純情セーラーブルマ 11.妄想のシースルー体操着 12.あまふわ天使のベビードール 13.ぎりぎり!マイクロビキニ 14.ブラックビューティービスチェ 15.EAT ME♡ドーナツ 16.セクシャル BABY ロンバース(for BOY) 17.セクシャル BABY ロンバース(for GIRL) 18.夢見る素肌ブラパン 19.ゆめかわ体操服 20.憧れのハイスクール☆チアガール 

今回選択したバニーガールのコスチューム。

普段とは違う妻の黒のガーターストッキングに興奮して、もともと早漏気味の僕が、今回もアッと言う間にイッてしまったのは言うまでもありません。

そして、妻自身も、いつも愛用しているLCのラブリュイール・ホットを、丹念にデリケートゾーンに塗っておいたおかげで、僕が前戯を始めてからわずか10分でエクスタシーに達することができました。

参考記事:前戯開始からわずか5分でパートナーが昇天!驚きのラブコスメ、LCのラブリュイール・ホット


五反田でデートするカップルにおすすめの「カームホテル」。

ぜひ、昼食に、ミート矢澤のハンバーグか、前述の「あげ福」の極上とんかつで腹ごしらえをした後で、パートナーと至福のセックスをお楽しみ下さい。


関連記事

渋谷駅から徒歩7分・道玄坂のラブホテル「SK PLAZA」で、妻とのCAコスチュームでのセックス・レポート

夫婦のラブタイムの必需品!僕がLCの「ラブリュイール・ホット」をオススメする3つの理由


人気記事

ポリネシアンセックス。僕が実際に体験した、そのケタ違いの快感を語ろう

小林麻央さんも発症!乳がんにならないために、あなたが避けるべき食べ物を解説します

夫婦のラブタイムの必需品!私がLCの「ラブリュイール・ホット」をオススメする3つの理由

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。