遊ぶように暮らすこと、ただ楽しむことを許そう【繋ぎ屋菜園日記】

こんにちは、えみです。
宮崎は毎日土砂降りの雨が続いています。

先日小林市は注意警報も出ていましたが、地元の人曰く、台風はこんなもんじゃないと・・・

カラッと晴れた夏の南国宮崎を早く味わいたいです。


順調に育つ畑。菜園スペースを拡張中!

毎週恒例の土曜朝の畑つくり講座。

今回は、先週植えた四角豆に竹を立ててネットを張りました。

そしてキュウリ初収穫!

先週はまだ小さかったのに、一週間でこんなに大きく育って・・・!

毎週同じこと言っていますが、自然の力はすごいなぁとしみじみ感じました。


この勢いで、家の庭も綺麗にしたい欲がむくむく湧いてきて、最近は雨が止むと草むしりを黙々と進めています。

ボーボーだった草をとって、耕して、新たに菜園スペースを作りました!

家の前の菜園スペースには、パクチー・ミント数種類・レモングラス・ローズマリー・バジル数種類とハーブ中心に、定番のトマト・大葉・ニラ・唐辛子、育つかわからないけど青パパイヤ・山椒を植えました。


グリーンカーテンを作ろう!と朝顔とゴーヤを窓辺に植え、玄関前に向日葵とお花いろいろ、好き勝手に植えてみました!

ハンズマン(ホームセンター・リンク)で苗や種やお花を好きなだけ買って、好きなように植える。

菜園に関しては「好きにしていいよ」とシンタに一任されているので、好き勝手にやっています。

借家ですが、庭も自由に使えるので、菜園を作ったりガーデニングをしたり、表現できるフィールドがあるってありがたいです!


おばあさんの愛したスイセン

区長さんに貸してもらっている畑は、元々使われている畑なので耕されてあって、ふかふか栄養たっぷり良い土です。

だから手間をかけずとも、野菜たちもすくすく大きく育つんだろうなと思います。

庭の脇のボーボーに草が伸びたスペースを(大げさな言い方ですが)新たに開墾したのですが、どうにもなかなか抜けない手強い草がいくつかあって。

スコップで掘り起こしていくと、地面を何本もの根が繋がって張り巡っていたのです。

正体はスイセンの球根。

私たちが暮らしている家の、元々の持ち主だったおばあさん(一年前に他界されました)が、スイセンが好きで庭にたくさん植えていたそうなのです。

開花時期の12月〜4月にほとんど咲いていなかったので、もう咲かないかなと思い、根っこから掘り起こしました。

おばあさんが好きだったスイセンのように、綺麗な花やハーブを咲かせたいと思います!


生産性が見えなくても、ただ楽しいを大切に、日々を遊ぶ

この続きをみるには

この続き:1,002文字/画像1枚
記事を購入する

遊ぶように暮らすこと、ただ楽しむことを許そう【繋ぎ屋菜園日記】

繋ぎ屋

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

繋ぎ屋

東京→宮崎県小林市。地域おこし協力隊員。86世代。田舎暮らしのリアルをマガジンに綴ってます。夫婦で運営中のメディア「繋ぎ屋」はまだ2万PV
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。