ポップラップグループ「[…]サンテンリーダー」、ロゴ制作と“背景ストーリー”。

▶︎ 「[…]サンテンリーダー」(* 以下、「サンテンリーダー」にて統一、正式には頭に[…]がつくよ!)ロゴの解説。

「サブカル・ポップ」というコンセプトで制作。

インターネットから、外へ飛び出す。ネオン管をモチーフにした、オリジナルロゴタイプ。時にはチカチカと、だけど光り続ける。気取りすぎず、少しのモラトリアムを感じさせる。

楽しく、テンポよく、リズムよく。韻を踏む心地よさを、視覚的に表現。ポップラップグループとしての存在感を印象づけるロゴマークである。

------------

△「サンテンリーダー」。左から、sakutyoさん、tokuさん、yelloさん。

△ 上から、「『如月ターミナル』CDジャケット / 『トーキョーガール』MV / ライブ中写真 / 『ハッピーエンド』MV」

------------

▶ 私と「サンテンリーダー」の出会い。(書き手:かねこあみ)

「色々好きなラッパーおるけど、かねこさんは、『サンテンリーダー』好きそう。“東京cantrip”ってアルバムいい! 良き!」

......「サンテンリーダー」の存在を知ったのは、1年ほど前。ネットラップ好きの友人から、「サンテンリーダー」のミニアルバム、「東京cantrip」のURLが送られてきた。急になんやと思いつつも、一度聴いてみる。

......たまらん! 友人の、「かねこさんが好きそう」というのは、間違いなかった。初めに聴いたのは、“ハッピーエンド”という曲。あ〜好きなやつや〜と、ソワソワする私。そしてどっぷりはまっていく。気分が上がり、超ハッピーになる。癖になる高音ボイスとラップ。

これが世の中で言う、“エモい”と言うやつか。マジたまらんな。

---

「サンテンリーダー」のTwitterアカウントを即フォロー。すると、即フォローが返ってきた。好きになったアーティストさんと繋がれることは、こんなにも嬉しいことなのか! と、嬉しくなり、「サンテンリーダー」がもっと好きになる。

そして、「応援したい」と言う感情が大きくなる。あ〜応援したい、関わりたい......。

「ぜひ、『[...]サンテンリーダー』のロゴをつくらせてください」

......そして私は、募った気持ちが抑えきれず、「サンテンリーダー」にメールを送っていたのだ。

------------

▶ 「サンテンリーダー」の結成秘話。

「サンテンリーダー」に限らず、音楽グループの成立ちが気になる人は多いのではないでしょうか。何でそのメンバーなの? や、何でそのレーベルに所属しているの? など。

......「サンテンリーダー」のメンバーである、tokuさん、sakutyoさん、yelloさん。3人はネットで知り合った。その後、共通のイベントなどで仲良くなる。そして、結成された。

---

「サンテンリーダー」のCDジャケット。収録曲とリンクするように、超可愛い。今では当たり前のようにCDを出しているが、初めはCDの出し方も分からなかった。誰に頼めば制作してくれるのか、どのように進行するのか。

そんな時、ネット上人狼ゲームで、同じくネットラッパーの抹 a.k.a. ナンブヒトシさんと仲良くなる。抹 a.k.a. ナンブヒトシさんは、インディペンデントレーベル、ORIGAMI Entertainment の副代表だ。仲良くなり、「サンテンリーダー」が歌っていることを知る。

え、歌ってんの? ......めっちゃいいじゃん! 発信しないなんてもったいないよ! え、CDの作り方分からないって? 教えてあげるよ!

......そんなこんなで、インディペンデントレーベル、ORIGAMI Entertainment に所属することになったのだ。ネットバンザイ!

------------

▶ 「サンテンリーダー」の魅力。心地よい距離感。

「サンテンリーダー」の音楽活動以外の魅力。それは、「距離感」だ。ライブ終わり、実際に話をすることもできるし、ツイッター上でリアクションがもらえる。......この距離感が衝撃で仕方なかった。

私は23年間生きた中で、嵐とG-DRAGONのライブにしか行ったことがない。ライブ終わりに話をすることもできなければ、ツイッターのリアクションが返ってくるわけでもない(まずツイッターしとんか?)。

なんと言うか、万年超一方的片思いで、気持ちを届けることもできない感じ???(それはそれで良いんだけどね!)だけど、その片思いな感情しか知らなかった私が、「直接好きと言う気持ちを伝えられる」と言うことを知ってしまったんです。

そりゃ更に好きになっちゃうじゃないですか /// ......すみません、少し取り乱しました。甘酸っぱいね。

---

そして、「常にSNSで何か発信をしている」ということ。活動内容がはっきりとわかることにも、心地よい距離感を感じます。そして、より応援したい気持ちが増していきます。

投稿している動画も何気ない内容なんだけど、見ていて楽しくなる。こういう日常からも、距離の近さを感じられるのが超素敵なんです......。

------------

▶ 「サンテンリーダー」、曲と姿勢について。

とにもかくにも。まずは、「トーキョーガール」、「ハッピーエンド」を聴いてほしい。

......何ともたまらない。若者の心をこれでもかと、くすぐるのだ。マジでくすぐられる。

なんと言うか、聴いていたら共感に辿り着くアレです(どれや)。コトバにできないもどかしさを、代弁してもらっている感じ。少し腹黒さを感じながらも(褒め言葉)、ポップで可愛い。しかも、ただ可愛いだけではない、締りのある可愛さ。

---

ポップで可愛いのとはウラハラに、音楽活動への意志はかっこいい。ロゴ制作に向けてお話を聞いていると、気持ちが熱くなった。本当に純粋に、多くの人に曲を聴いて欲しいという想いが、ムンムンと伝わってきた。意志が強く目標が明確な人は、本当にかっこいい。

初めはインターネット内での発信をメインとしていたが、現在は、インターネットから外へ出していこう! と言うことから、CD制作やアパレル展開も行なっている。色々な活動・展開をしている人からは、本当に目が離せない。

そして、今後の目標はメジャーデビューだ。心の底から応援し続けたい。改めてそう感じた、かねこでした。

------------

▶ 「サンテンリーダー」参考URLだよ。

・ 「サンテンリーダー」Twitter
・ 「toku」Twitter
・ 「sakutyo」Twitter
・ 「yello」Twitter
・ 「サンテンリーダー」YouTube
・ 「サンテンリーダー」Instagram
・ 「ORIGAMI Entertainment」Web


△ 「サンテンリーダー」のコンセプトと重なる、渋谷で撮影。若者が交じり合う中、耳を澄ませばポップな音楽が聴こえてきそうだ。ロゴ色展開と同様、今後も自由な可能性を広がっていく。

------------

……というわけで、第3回目の投稿は、ポップラップグループ「サンテンリーダー」さんについてでした! いかがでしたか?

好きオーラが出すぎてしまいましたが......。新譜も発売されたし、今後の活躍も含め、もう楽しみで仕方ないです。みなさんもぜ、聴いて見てください! エモい! それではここらで。

【 B面 : ポップラップグループ「[...]サンテンリーダー」、ロゴ制作の“詳細フロー”。へ 】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも読んでいただき、ありがとうございます。いただいたサポートは私たちのモットーである、“カルチャー次世代を応援、後押しする活動費”に使わせていただきます! 今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございますありがとうございますありがとうございますありがとう
25

◎ 「つなぐよ」関連マガジン

“カルチャー次世代”を「ロゴ制作とストーリー発信」で後押しする、「つなぐよ」関連noteをまとめたマガジンです。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。