秋を探しにいきました。 ( #旅するクリームソーダ )

どうも、クリームソーダ職人のtsunekawa(@tsunekawa_)です。

今回は日帰り小旅行、紅葉の季節ということで都内からでもアクセスしやすい御岳山へ行ってきました。それもそのはず、この山、東京都です。

最寄りの駅までは新宿駅から電車で約1時間半、乗り換え1回のわりと気軽に行ける距離。ちょっと足をのばしてどこか...と考えている人にもぴったりな気がします。
片道900円くらい。安い。

ではつらつらと綴っていこうと思うので、少しの間おつきあいください。

まずはざっくり行き方。

JR中央線で青梅駅。乗り換えて御嶽駅まで行きます。その後ケーブルカー乗り場までバスといった感じになります。

途中、乗り換えの青梅駅までは電車にゆられて約1時間です。

レトロな雰囲気が漂っている青梅駅。

僕が行った時は20分ほど乗り換えに待ち時間があったので、ホームにある待合室で待つことにしました。
中は暖房が効いていて暖かい。これからの時期、乗り換え時間はここで待つのがおすすめです。

そして電車が来たら御嶽駅まで向かいます。

到着する頃はちょうどお昼ご飯の時間でした。山に行ったらとりあえずそばだよね、と思いながら電車の中で探して見つけたそば屋さん。駅から近い玉川屋で暖かいそばを食べました。

鴨南蛮そば。だしが効いていて美味しい。南蛮という言葉、じつはネギのことだったのを初めて知りました。気温も低かったのでとっても温まる。

一緒に鱒(ます)の塩焼きも注文。


身がホクホクで柔らかくて美味しかった….。

店内は歴史を感じる雰囲気で早くも旅行気分。

【玉川屋】営業時間 11:00-18:00 月曜はお休み。御嶽駅から歩いて2分くらい。駅を出て左にまっすぐ進むとみえてきます。

お昼ご飯を食べたら御岳山へ。

玉川屋すぐ近くにバス停があります。ここからバスで御岳山ケーブルカー乗り場まで向かいます。

バスは1時間に1、2本ほどなので気をつけてくださいね。

ケーブルカー乗り場には、わさびが売ってたり。東京ではあんまり見かけないかも…。水が綺麗なんですね。

そしていよいよ御岳山へ。

ケーブルカーの駅名は滝本駅。この駅から山の上の御岳山駅まで行きます。

ちなみにJR御嶽駅から滝本駅は歩いて30分くらい。実は帰りのバスを逃してしまったので御嶽駅まで歩いて帰りました。

さて、ケーブルカーでぐんぐん進みます。

途中で行き違いになることも。

山の上の御岳山駅。展望台には売店や休憩スポットもあるのでゆっくりくつろげそう。


今回はあいにくの曇り空でした…。

そしてさらにリフトに乗って上の方に。

ここから少し山道を歩いて武蔵御嶽神社へ行ってみました。
少し山道ですが、わりと整備されているので普段と同じ服装でも大丈夫そうです。

目的地の神社までは昔ながらの宿があったり、お店もあったり。山に溶け込むような心地よい景観が続きます。

ひと休みに暖かいおしるこを食べました。

ちょうどこの頃、空が晴れてきました。

山沿いのお店は景色をみながら休憩できます。

ケーブルカーの御岳山駅から30分くらいぶらぶら歩いて到着。

武蔵御嶽神社、良き場所です。

夕日が沈む頃。この頃、気づけば日の入りが早くなってきました。

おやきを食べました。

ちょうど丸い月が出ていてせっかくなので一緒に。(ぼんやり丸いのがお月さまです。)

そして、ゆずを買いました。


どう使おう…。やっぱりクリームソーダかな。お風呂に入れてもいいよね。

JRの駅に着く頃にはすっかり真っ暗。


近くでは紅葉のライトアップもされているらしく、行けばよかったかなとちょっと後悔。

この後は、温泉に浸かって体をゆっくり休めました。

夜はカレーうどん。
沁みる。

そして最後はやっぱりメロンクリームソーダを飲んで今回の旅の締め。
クリームソーダがある旅、なんだか落ち着きます。

都内から近めの日帰り小旅行。奥多摩のちょっと手前にあるのでふらっと遊びに行ってもいいかもしれません。

※ゆずを買ったので、またこのゆずを使ってクリームソーダを作ろうと思ってます。

おしまい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければ、サポートお願いいたします。頂いたご支援は、新しいクリームソーダの創作や旅の資金として使わさせていただきます。

69

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。