見出し画像

テクノロジーがマーケティングを進化させる / 『デジタルマーケティングの教科書』

こんにちは、ふるぽんです。牧田幸裕氏の『デジタルマーケティングの教科書』を読んだので、記録を残しておきます。

前提、僕はMBAで教えらているマーケティングについて勉強したことがありません。ただ、Webディレクターといわれる仕事をしていて、マーケティング的な視点が必要になるため、本屋で気になったマーケティング関連の本をたまに読んでいます。

この本は、タイトルのとおり、デジタルマーケティングの教科書です。デジタルマーケティングの定義を明らかにし、MBAで教えられているような従来型のマーケティングからデジタルマーケティングになり、何が進化したのかについて解説されています。

デジタルマーケティングの定義は以下です。

デジタルマーケティングとは、データドリブンでターゲット消費者へ製品やサービスを認知させ、消費者の購買前行動データに基づいて興味・関心・欲求を調整し、購買データを取得する。購買データと購買後の消費者の評価データをもとに製品開発、 サービス開発への示唆を得る。これらのデータを、EC チャネルとリアル店舗から取得し、同時に、消費者に最適な購買体験を提供する、一連の活動をいう。
これらの活動の目標は、消費者との関係性を深め、最終的に消費者のエージェント(代理人)になることである

重要なキーワードは「データドリブン」と「オムニチャネル」です。

テクノロジーの発展で今まで取得できなかったデータを簡単に取得できるようになったこと、複数のデータベースを共通のユーザーIDで紐付け、一元管理できるようになったこと。それらにより、「勘」や「直感」に頼らずデータに基づいて(データドリブンで)、WEBと店舗に関わらず(オムニチャネルで)一人ひとりに合わせたマーケティングができるようになるということです。

それを細かくいうと、環境分析、消費者理解、セグメンテーション、チャネル、プロモーションという5つの要素の進化ということになります。

この本では、デジタルマーケティングの基礎として、従来型マーケティングも解説されていて、僕のようなマーケティング未学者でも読みやすくなっています。

最初に書いたように、僕はマーケティングを学んだことはありませんが、この本で従来型マーケティングのエッセンスを知ることができたし、デジタルマーケティングの全体観も知ることができました。

この本の付録では、「デジタルマーケティングの勉強法」が書かれていて、第1ステップが従来型マーケティングを学ぶことだと書いていたので、紹介されている書籍を読んでみたいと思います。

デジタルマーケティングの教科書

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!本当にほんとうに嬉しいです
8

ふるやつよし

WEB担当|仕事やプライベートのことをつらつらと書いています。

#マーケティング 記事まとめ

#マーケティングのタグがついた記事を中心に、マーケティングに関する理論や実践についての記事をまとめていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。