見出し画像

#41 ウミウシさん→つるん(2019/08/08)

トシさま へ

お返事遅くなりました。
トシさんとの出会いは、ほんとに面白いものでしたね。ゴリゴリのアーティストたちが血みどろのアート談義というのは…すごいですね。想像してみたのですが、地獄絵図のようなものが浮かんでしまいました。ちょっと、まだ経験ないですね...!私も初めての場所に行ったりするのは怖いです。私も割とヘラヘラしていたと思います。人との出会いって面白いですね。意図したわけでなく、いろんな場所でいろんな人に流れ流され出会っていく感じがします。

予想を裏切ってしまいごめんなさい。残念ながら子どもの頃は「折り紙」や「あやとり」得意じゃありませんでした。あまり折り紙に興味がなかったらしく、あまりやった覚えがなくて、鶴しか折れません。あやとりは少しやったりもしましたが、技が出来ない(覚える気がない)ので、ただ指に引っ掛けて、真ん中でクロスさせて、あとは適当みたいな。なんでしょう、完成系があって「これを作る!」とか何かきちっとした感じのもの?があまり得意ではなかったのかもしれないです。

それとは別に「お絵描き」は好きでした。お絵描き帳に動物やらキャラクターのイラストやら描いてましたね。とにかく描き始めたら1枚の絵を終わらせてから次の絵を描くというのが自分ルールでした。描いてる時は没頭してたのかもしれないです。一人遊びとか全然苦にならないタイプでした。虫とか、動くものをずっと見てるのは好きだったかも。あとぬいぐるみとか使って遊ぶのも好きでした。トリッキーなキャラとか作って遊んでましたね。今更ながら、楽しかったです。
トシさんは小さい頃「折り紙」と「紐を結びまくる」が趣味だったんですね。私の勝手なイメージですが、子どもの頃のトシさんは、「シャイな文学少年」という感じです。
やはり昔から、本に慣れ親しんでいたのでしょうか。私は子どもの頃は絵本と読書、好きな方でした。図書館という空間が好きだったんですよね。いつも期限までに読めないくせに、欲張って色んな種類の本を大量に借りてきてました。ちなみに岩波少年文庫の「森は生きている」が好きでした。装丁も良かったんですよね。

トシさんが唄っていたヒップホップとか聞いてると、昔よく流れてたり、聞いてた曲だったりとかして、似通った時間や瞬間があったのかもしれませんね。
谷川俊太郎さんの「かなしみ」読みました。不思議に共感できるというか、その光景が想像出来ました。昔においてきてしまったもの、なんだったのでしょう。聞こえてくる波の音、遠い、遠い、記憶の奥底、生まれる前の記憶がぼんやりよぎったような気がしました。

では、おはなしごっこ続きです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
廊下を走り階段を駆け上がった。
息を切らしながら最上階まで上がり、
その先にある鉄製の重い扉を開いた。


「ギイ、、、」


そこは屋上だった。
目の前には不思議な色の空が広がっていた。
空は赤橙色から群青色へと移る、美しいグラデーションを作っていた。

彼がその光景に目を奪われていると、
ふと、視界が歪んだ。
さっきまでのグラデーションが混ざり合い、
マーブル模様のようにゆっくりと動き始めた。

重力に逆らっているような感覚に襲われ、
立っていられなくなった。
バランスを失いそのまま屋上の床に膝をついた。

その時だ。


「明日だよ」


また男の声がした。
姿は見えない。
どこから聞こえてくるのか分からないが、
今度は彼の鼓膜の奥から聞こえたような気がした。

なんだろう、さっきは感じなかったが、
彼はこの男の声をよく知っていると思った。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お返事、お待ちしております。

ウミウシより

前の便りはコチラ
#25 つるん→ウミウシさん(2019/06/21)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただいてありがとうございます。サポートしていただけたら幸いです。いただいたサポートは、企画内で使う便箋、参加者へのちょっとしたお礼に使わせていただきます。

「スキ」ありがとうございます!
3

つるん(詩人)

文筆家、詩人、編集者、ネット番組専門の構成作家などをしています。物書きです。「ペーパー・プレーン・レターズ」という、向かい合って紙飛行機を投げ合うように手紙をやり取りする企画をやっています。ぜひご覧くださいませ。

ペーパー・プレーン・レターズ

「ペーパー・プレーン・レターズ」とは、文筆家のつるんが様々な人と手紙をやり取りする企画です。 ①5通ずつ手紙をやり取りする ②やりとりの仕方は自由 (手紙、メール、チャットなど) ③期間は、ひと夏 手紙は、送った順、届いた順に掲載していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。