見出し画像

#37 つるん→ダイスケさん(2019/07/29)

ダイスケさんへ

この度は、「ペーパー・プレーン・レターズ」に参加してくださり、ありがとうございます。
ダイスケさんとは、不思議なご縁でした。
自分が好きな人と一緒に仕事をしていたら、その人との仕事で居合わせるという、つまり「好きなこと」で繋がった仲ですね。
ダイスケさんは、他にも好きなことがあると思います。音楽とか、いろんな趣味をお持ちだと思います。
なのでお互いの好きなことやものを紹介し合ってみませんか?
かなりマニアックなところまで掘り下げてもいいし、よくわからないんだけどとにかくこれが好き、みたいなものまで。

まずは僕から始めたいと思います。
最近よく通勤や仕事中に聴いている曲です。
空廻さんというラッパーがいらっしゃって、その方の「Dry & Wet」(https://youtu.be/L4Fwb2GfKss)という曲が、なぜか好きで好きでたまらないのです。心が止まらなくなって、ご本人にtwitterで感想を送りました。
僕は長らく、「生活」というものを見捨ててきました。実家暮らしで、いろんな事情があり、また生活の時間帯が家族と合わないこともあって、汚れた服をすぐに洗濯機にかけることができません。Tシャツを乾燥機にかけることを皮切りに、1日が始まり、時間が流れて行く様が、なんだかとても僕には羨ましくて、憧れで、日常とか生活とか、そういうものが、僕には喉から手が出るほど欲しくてたまらないです。
歌詞の一節を載せます。

夕方前にようやくご飯。カレーよそう。
毎日は難解なポアンカレ予想。

韻はトポロジーなんだな、って思うのと同時に、言葉、生活、自分、この世界のあらゆるものがトポロジーで、何かは他の何かと似ていて、決してそれだけが特別に切り離されたものじゃないんだなって思いました。

ダイスケさんの好きなことも、紹介してくださると嬉しいです。
いやいや、そうじゃなくて、もっと別に話したいことがあるよ、ということであれば、ぜひそのお話をしてください。
9月末までのひと夏、5通という、短くて少ないやり取りですが、楽しんでいただけると嬉しいです。
お返事お待ちしております。

つるん


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただいてありがとうございます。サポートしていただけたら幸いです。いただいたサポートは、企画内で使う便箋、参加者へのちょっとしたお礼に使わせていただきます。

「スキ」ありがとうございます!
2

つるん(詩人)

文筆家、詩人、編集者、ネット番組専門の構成作家などをしています。物書きです。「ペーパー・プレーン・レターズ」という、向かい合って紙飛行機を投げ合うように手紙をやり取りする企画をやっています。ぜひご覧くださいませ。

ペーパー・プレーン・レターズ

「ペーパー・プレーン・レターズ」とは、文筆家のつるんが様々な人と手紙をやり取りする企画です。 ①5通ずつ手紙をやり取りする ②やりとりの仕方は自由 (手紙、メール、チャットなど) ③期間は、ひと夏 手紙は、送った順、届いた順に掲載していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。