見出し画像

日本初の爺ちゃん婆ちゃん×ヒップホップ写真集『鶴と亀 禄』―収録内容公開―


2017年9月18日(敬老の日)、ついに『鶴と亀 禄(ろく)』が発売される。


●『鶴と亀』とは?

『鶴と亀』は奥信濃のリアルなストリートカルチャー。
じいちゃんばあちゃんの日常ライフスタイル。
ここだから出来ることを、ここでやる。
きっかけはいつだって足元に。発信源は奥信濃。

(『鶴と亀 禄』冒頭ページより抜粋)

長野県飯山市に住む小林兄弟(兄=徹也、弟=直博)が制作するフリーペーパーである『鶴と亀』。2013年8月に創刊し、現在までに5冊を刊行。日本全国の書店やカフェ、ゲストハウスなど約200ヶ所で配布を行ってきた。

じわりじわりと人気を呼び、配布する約10000部はすぐに無くなり、編集部へはバックナンバーの問い合わせが相次ぐように。

そこでこの度、集大成となる写真集『鶴と亀 禄』の刊行へと至った。その内容はこれまでの再編集にとどまらず、フリーペーパーでは表現できなかった数々の特別企画も収録している。


●第壱号~第五号を取りまとめて再編集

『鶴と亀』といえば、ページをめくってもめくっても現れるじいちゃばあちゃの写真だろう。

『鶴と亀 禄』では、第壱号~第五号から選りすぐったストリートスナップを収録する。

もちろん撮り下ろしも多数あり。



●よみがえるあの企画

「お薬調査」「謎の施設への潜入レポ」「パンチライン」「ファッション特集」など、フリーペーパーでおなじみの企画もバージョンアップして掲載。

さらに踏み込んだ、『鶴と亀 禄』だけの特別な特集も収録される。




●【特別企画①】じいちゃばあちゃたちの伝説エピソードを漫画化

どこの村でも、必ず1つや2つは“お茶飲みを沸かす話”というやつが存在する。(※お茶飲み…飯山のばあちゃ達が集まってお茶を飲む時間)

そんなじいちゃばあちゃたちの伝説のエピソードを、「オモコロ」などでおなじみのポテチ光秀が漫画化。

いずれもほぼ実話。信じるか信じないかはあなた次第……。



●【特別企画②】沖縄&秋田へ。『鶴と亀』がついに他県に進出

「奥信濃じゃないところのじいちゃばあちゃってどんな感じなの?」


そんなことを思った『鶴と亀』編集部は長野を飛び出し、北は秋田、南は沖縄へと飛び立った。
聞いたことない方言、未知の風習、試されるアウェイでの撮影。
これはもはや、『鶴と亀』編集部とじいちゃばあちゃたちとの取組み。相撲なのであった。

対決の結果はいかに。収録されるスナップの数々で確かめてほしい。



●【特別企画③】「あのイケてる人たちも、じいちゃん子&ばあちゃん子?」

君は感じるかい? あのイケてる人たちから湧き出るナイスグルーヴを。

その秘密は、彼ら・彼女らが“じいちゃん子&ばあちゃん子”というところにあった。イケてる人たち×じいちゃばあちゃたちの「グルーヴィー」な現場に突撃。

『鶴と亀 禄』でしか見られないような3つの対談を収録。どの撮影も楽しかったなあ…。



●購入方法など

『鶴と亀禄』2,300円+税 / A4変形 / 224P / 発行:オークラ出版


現在、【直販兄弟】という『鶴と亀 禄』の直販店舗になってくれるお店を募集中。6掛けで購入できて、誰でも写真集を売ることができます。

※購入方法や取り扱い店舗など、詳しくはこちら↓

直販兄弟(直販店舗)募集サイト」

※直販兄弟に関するインタビュー記事はこちら↓

フリーペーパーの新星『鶴と亀』が画期的な方法で写真集を売る理由


●さらに、出版記念イベントも開催!

敬老の日に『鶴と亀 禄』出版記念イベントを長野県の奥信濃で開催!

奥信濃って遠そう? いえいえ、会場の最寄り駅である「飯山駅」は新幹線の停車駅。東京から新幹線1本で来られます!

『鶴と亀 禄』が購入できるのはもちろん、『鶴と亀』に広告を出してくれている、あのお店の「うまいやつ」を食べたり飲んだりも可能。もしかしたら、『鶴と亀』に出演しているモデルたちにも会えるかも。

さらには特別企画として、2017年2月に渋谷で開催された、あのトークイベントの第2弾「鶴と亀大好きおじさん in 奥信濃」も開催計画中!

日時:2017年9月18日(月祝) 14:00〜17:00

場所:飯山市文化交流館 なちゅら

【入場料無料!】【写真集も当日販売!】

※詳細は追ってお知らせします。

9月18日は奥信濃・飯山「なちゅら」にぜひお越し下さい!


●さらに、さらに初の写真展も開催!

2017年9月28日(木)~10月4日(水)、どこでも地元メディア『ジモコロ』と長野発の人気フリーペーパー『鶴と亀』のコラボ写真展「ジモト」をアイデムフォトギャラリー「シリウス」にて開催します。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000746.000002663.html

期間: 2017年9月28日(木)~10月4日(水)
日時:午前10:00~午後6:00 (入場無料)、最終日 午後3:00まで 日曜日・祝日休館
会場:アイデムフォトギャラリー「シリウス」 (東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前」駅そば)

9月30日(土)14時〜15時は、ジモコロ編集長・徳谷柿次郎と鶴と亀の小林直博によるトークイベントも開催。当日は二人も在廊予定です。

鶴と亀:http://www.fp-tsurutokame.com/

編集:Huuuu inc.




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

11

鶴と亀

『鶴と亀 禄』2017年9月18日(敬老の日)発売。 2,300円+税 / A4変形 / 224P / 発行:オークラ出版 https://tsurutokame6.thebase.in/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。