別れた恋人と同棲生活を続けてみて気づいた「付き合う」という言葉の呪縛力

 元彼と別れて今で一カ月半くらい経った。彼の引っ越し先の家がまだ片付いていない関係で、もうしばらくはうちに住み続けるらしい。といっても、週に三日くらいは事務所で寝泊まりしているから、家に帰ってくるのは月の半分程度なのだけど。
 
 別れた後も一緒に住み続けるのって気まずいのかと思っていたけど、私たちの場合、まったくそんなことはなくて、むしろ付き合っていたころよりもいろいろなことが自然になった。

この続きをみるには

この続き:1,579文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

『嘘つきは作家のはじまり』よりもプライベートな内容になっています。くだらない記事も多数アリ(!) わたしのことを本当に好きな人だけ購入...

または、記事単体で購入する

別れた恋人と同棲生活を続けてみて気づいた「付き合う」という言葉の呪縛力

水流苑まち(つるぞの・まち)

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもサポートありがとうございます。 『この世界の余白』としての生をまっとうすべく、意味のないものを生み出すために使わせていただきます。

スキスキ言うなら金をくれ!
8

水流苑まち(つるぞの・まち)

「余白」をテーマに文章、イラスト、テーマパークなどのコンテンツを生み出す「余白」アーティスト。 意味のないものに意味が生まれる場所・水流苑神社(http://urx3.nu/QiHa )やってます。おすすめマガジンは『予言の書』『 雑読みで楽しむ文学』『嘘つきは作家のはじまり』。

つるぞのちゃん解体新書

『嘘つきは作家のはじまり』よりもプライベートな内容になっています。くだらない記事も多数アリ(!) わたしのことを本当に好きな人だけ購入してね。 ※記事が増えるごとに金額を上げていくので、早めの購入がお得です!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。