性愛コミュニティ、始動

「下ネタではなくて深い性愛の話がしたい」
「女性だけで語り合うのもいいけれど、異性のリアルな気持ち・考え方を知る機会も欲しい」

私・水流苑まちのそんな想いから生まれたオンラインコミュニティ『性愛について語り合う部屋』にて、二日連続でイベントを開催しました。

今の時点でメンバーは約十名、男女比は半々くらいといったところです。
作家、音楽系、美術系、整体師、学生、シェアハウス運営、何やってるかよくわからない人などなど、幅広い層の人が参加して下さっています。

イベントは毎回、自己紹介代わりに『興味のあるテーマ』を書き出すところから始めております。

過去4回で語り合ったテーマは以下のとおり。

◆一回目(テーマなし)
・脳で感じる、下半身で感じる
・没入感とセックスの質
・どこからが前戯?
・セックスの定義
・セックスによる『癒し』について

◆二回目(テーマなし)
・セックスと恋愛
・催眠的な恋愛について
・脳科学的に見た恋愛、セックス
・付き合ってからセックスするまでの期間と精神的な繋がりの深さに関係はあるのか?
・依存的な恋は恋愛に分類されるのか
・恋は脳内ドラッグ?

◆三回目(テーマなし)
私以外の参加者が一名だけだったのと、私の体調が悪かったのとで、この時間はまったりタイムに。
参加者の方が谷崎潤一郎好きということで、『痴人の愛』について軽く話していました。

◆四回目(SMについて語り合う会)
・SMの快楽について分析
・自罰行為としてのSM・セックス
・いじめられたい男性の心理とは?
・脳科学的に見たSとMが両立する理由

※コミュニティに参加していただくと、過去の会話を追って詳しい内容をご覧いただけます!

このコミュニティを稼動させる上で一番不安だったのは、話が下ネタに流れることだったのですが、参加者様のおかげで毎回、深い話ができていてとてもありがたいです。

実際にやってみて感じたのは、ひとことにセックスと言ってもいろいろな捉え方があって、視点が増えれば増えるほどその世界は木の根っこのように広がっていくということ。
これは他のテーマに関しても言えることですが、安心してセックスの話ができる場所はそう多くないという現状において、個々が持っている『セックス』の世界はまだまだ狭いと思うのです。
そうした中で、このコミュニティが安心して語り合える場として機能していってくれたらなと思います。

自分と違う視点を持った方たちと話すことは、自分の考えを深めることにも繋がるし、私と同じ表現者の方にとっては、自分の土壌を育てる機会にもなるかと思います。

今後、具体的にセックスの質を高める話などもしていきたいと思っています。セックスのことを大切に思っている人のご参加、お待ちしております。

直接関わりのない方の参加も大歓迎です。
興味をお持ちになったら、気軽に「性愛コミュニティについて知りたいです」と声をかけて下さい!

連絡先はこちら

Twitter
facebook
メールによるお問合せ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもサポートありがとうございます。 『この世界の余白』としての生をまっとうすべく、意味のないものを生み出すために使わせていただきます。

うむ、よきにはからえ。
6

性愛研究書

性愛に関する超個人的な研究書です。ひとつでも記事を購入して下さった方は、作品の内容について私と一対一で語り合えるLINE @のページへご招待させていただきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。