見出し画像

行こう、オーロラの彼方へ。BUMP OF CHICKEN、待望の全国ツアー初日を観た。

【7/12(金) BUMP OF CHICKEN @ メットライフドーム】

ついに幕を開けたBUMP OF CHICKENの全国ツアー「aurora ark」。その初日、メットライフドーム公演を観た。



ここから長いツアーが続くためセットリストの記載は控えるが、一言で言い切ってしまえば、一切の隙もない、究極のエンターテイメントショーであった。

まさに、全編クライマックス。

次から次へとハイライトが更新されていく怒涛の展開。

会場全体を満たすポジティブなフィーリングと、晴れやかに高鳴り続けるバイブス。

そして、あらゆる楽曲の通奏低音として響く「肯定」のメッセージ。

今までに幾度となく彼らのライブを観てきたが、はっきり言って、これほどまでに心が躍るステージは初めてだ。

歓喜の祝祭空間を彩る、圧巻の映像演出も惜しみなく放たれ続けた。

まるで何十本もの映画を観たかのような、底知れないほどに深い余韻が、いつまでも消えない。



今回の公演において、いくつものライブ体験の新境地が切り開かれたのは、僕たちとBUMP OF CHICKENが、深い信頼関係で結ばれていることの証だろう。

メンバー4人が、往年の代表曲を通して伝え続けてきたメッセージ。最新曲に込めた願いと祈り。そして僕たちリスナーが彼らへ抱く感謝とリスペクトの念。更なる期待。

それら全てが、圧倒的に開かれたコミュニケーションとして結実した。これがツアーファイナルではなく、初日なのだから凄い。



今回のステージで初めて披露された楽曲たちは、空気を伝って響きわたることを、今か今かと待ち望んでいたことだろう。

メンバー4人は、そうした楽曲の意志を丁寧にくみ取り、一つ一つの音と言葉を、誠実に鳴らし、歌い届けてくれた。

そして、それらを僕たち観客が受け取った時、BUMP OF CHICKENの楽曲は、初めて「完成」する。

だからこそ、BUMPのライブ、特に、新たなツアーの初日には、あまりにも深い意義が宿るのだ。



ツアーは、ここから始まる。

新しい観客たちとの出会いを通して、『aurora arc』の楽曲は、何度もの「完成」を繰り返していく。そして、より研ぎ澄まされながら、洗練さと輝きを増していくだろう。

だからこそ、ツアーファイナルの東京ドーム公演は、きっと、想像を絶するほどに素晴らしいステージとなるはずだ。

この夏、BUMP OF CHICKENから目が離せない。



【関連記事】



この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読み頂き、誠にありがとうございます。 これからも引き続き、「音楽」と「映画」を「言葉」にして綴っていきます。共感してくださった方は、フォロー/サポートをして頂けたら嬉しいです。 もしサポートを頂けた場合は、新しく「言葉」を綴ることで、全力でご期待に応えていきます。

最後までお読み頂きありがとうございます。とても励みになります!
14

松本 侃士

編集者/ライター/1991・10・1 生/慶應義塾大学卒/2014年、音楽メディア企業 ロッキング・オンに新卒入社、編集・ライティング等を経験/2018年より、渋谷のITベンチャー企業にてメディア戦略を担当/音楽や映画のコラム記事をアップしていきます。よろしくお願いします!

「tsuyopongram」2019

2019年に発表された「音楽」や「映画」についてのコラム記事を投稿していきます。音楽批評/映画批評というカルチャーを「note」上で広めていきたいと思っています。よろしければ、ぜひフォローをお願いします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。