見出し画像

RADWIMPS「18祭」に救われたのは、僕たち”大人”のほうだった

【RADWIMPS/「18祭」】

アーティストが18歳世代から寄せられた想いを受けて楽曲を制作、そして1,000名の参加者と共に披露するNHKの企画「18祭」。

2016年のONE OK ROCK、2017年のWANIMAに続き、今回、18歳世代と共に一度きりのステージを作り上げたのはRADWIMPSだった。

この企画はもともと、NHKの「18歳選挙権キャンペーン」の一環として始まったものだった。

大人たちからすれば、18歳世代とは、輝かしい青春時代の象徴として振り返られることが多いかもしれない。

それでも、「子供」と「大人」の間で揺れ動きながら、迷い、悩み、時に自信をなくしてしまうのも、また18歳世代のリアルである。(僕自身、参加者一人ひとりが本音を曝け出したインタビューを見るまで、そのことを忘れかけてしまっていた。)

与えられた分、与えていきたい。そうした社会性に意識的になり始める一方、まだ何者でもない自分の無力さとも正面から向き合わなければならない。

そして、今の18歳世代は、さらに「選挙」というもう一つの社会的義務を負っている。

RADWIMPSは、そうした彼らの希望と不安の全てを受け止めながら、"万歳千唱"、"正解"という2曲の新曲を作り上げた。

1,000名の合唱とボディーパーカッションが、瑞々しく弾けるバンドアンサンブルと一体となった"万歳千唱"。そのパフォーマンスの迫力は本当に凄まじかった。

何度も繰り返される《君の中の悲しみを喜ばせて 君の中の苦しみを勝ち誇らせて》というサビのフレーズは、迷いや不安を抱きつつも、それでも必死に未来を掴もうとする1,000名の情熱を称えていて、観ていて胸が熱くなった。

そして、当初の予定にはなかった2曲目の新曲"正解"は、1,000名で歌うための「合唱曲」として生まれた曲だった。この曲の2番で、野田洋次郎はマイクを参加者たちに委ねきった。

《制限時間は あなたのこれからの人生/解答用紙は あなたのこれからの人生/答え合わせの 時に私はもういない/だから 採点基準は あなたのこれからの人生》

野田洋次郎から18歳世代へ送られた歌詞でありながら、合唱というパフォーマンスを通して、逆に、RADWIMPSのメンバーや、僕たち大人の視聴者たちにも深く突き刺さることになるメッセージに、強く心を震わせられた。

野田洋次郎は、1,000名の参加者が思い思いの言葉を綴ったメッセージボードにこう書き残した。

「僕らもまだまだ途中」
「共に頑張ろう」
「負けんぞ」

今回の企画「18祭」が、そして1,000名の参加者とRADWIMPSが背中を押したのは、決して全国の18歳世代だけではないと思う。

「これからの人生」を生き続ける僕自身、大きな勇気をもらえた気がした。


※本記事は、2018年10月9日に「tsuyopongram」に掲載された記事を転載したものです。

「tsuyopongram」はこちらから


【関連記事】


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読み頂き、誠にありがとうございます。 これからも引き続き、「音楽」と「映画」を「言葉」にして綴っていきます。共感してくださった方は、フォロー/サポートをして頂けたら嬉しいです。 もしサポートを頂けた場合は、新しく「言葉」を綴ることで、全力でご期待に応えていきます。

最後までお読み頂きありがとうございます。とても励みになります!
3

松本 侃士

編集者/ライター/1991・10・1 生/慶應義塾大学卒/2014年、音楽メディア企業 ロッキング・オンに新卒入社、編集・ライティング等を経験/2018年より、渋谷のITベンチャー企業にてメディア戦略を担当/音楽や映画のコラム記事をアップしていきます。よろしくお願いします!

「tsuyopongram」2018

2018年に発表された「音楽」や「映画」についてのコラム記事を投稿していきます。音楽批評/映画批評というカルチャーを「note」上で広めていきたいと思っています。よろしければ、ぜひフォローをお願いします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。