見出し画像

【書評】ノーサイド・ゲーム/池井戸潤/ダイヤモンド社

ノーサイド・ゲーム/池井戸潤/ダイヤモンド社

ラグビー関係者、必読。

ラグビーワールドカップを前に、2019年7月より日曜9時のTBSの枠にてラグビーを題材にしたドラマが決まった。その原作が本書である。

日曜9時のTBSドラマといえば、「半沢直樹」「陸王」など圧倒的な話題作が数多くあり、それらドラマの演出を務めた我が母校の大先輩でもある福澤克雄さんと、それらの原作者の池井戸潤さんがタッグを組んで作っていくとのことだから、一ラグビー関係者としてこれほど嬉しいことはない。

発売と同時に即購入だ。

物語は、大企業に勤める主人公・君嶋が、あることをきっかけに左遷された先は、今まで全く関わったことのなかったラグビー部・アストロズのゼネラルマネージャー。
そこでチームの再建に奮闘しながら日本のラグビーのあり方や企業におけるラグビーのあり方について疑問を感じ、戦っていくストーリーだ。
ざっくりと。あえて物語の詳細については多くを語らないことにする。

読んでみた自分の第一印象は、

これは完全に

物語の中では、プラチナリーグとして進んでいくため、あくまでフィクションであるという前提があるが、社会人ラグビーリーグのあるあるや、ラグビー界にはびこる問題が見事に表現されている。
もはやストーリーに感動するというよりは、ここまでの話題作でここまでリアルに描写してくれたことへの感謝の思いが強い。

日曜9時TBSドラマ特有の、組織の闇と戦う主人公の様は読んでいて爽快だ。
長い歴史のある協会との戦いや、ラグビー部を廃部に追い込もうとする会社の上層部との戦いなど、リアルに再現されている。

一選手としても、会社に多額の資金を投じてプレーさせてもらっていることや、ラグビーの存在意義、ラグビー界の未来のあるべき姿についても、深く考えさせられた。

これはフィクション小説ではあるが、日本ラグビー界への強いメッセージであると感じた。

小説でもドラマでも、この作品を通して少しでも多くの人が日本のラグビーの未来について考えてもらえたら、選手としてこれほど嬉しいことはない。

何にせよ、ラグビーに関わる人は絶対に読むべき本であると思う。


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しいです🚘
7

Tsuyoshi Murata (村田 毅)

日野レッドドルフィンズというチームでプロラグビー選手やってます、村田毅と申します。 「アスリート×書評」 読書によってインプットしたことをアウトプットすることで、 理解がより一層深まる。モノにする。 目標は2019年の間に本を50冊読んで書評を書くこと。

Books take me to the new world

「アスリート×書評」 スポーツ選手が読書を通じてどんなことを感じるのか。どのように理解して、どのように自分のフィールドに転用していくのか。パフォーマンスを向上させていく上で、こんなアプローチの仕方もアリなんじゃないかと思って始めてみました。 目標は2019年の間に50冊...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。