インテリジェントなカエル

バジェットガエル/ミニマリスト/エンジニア/考え方や感じたことを記事にしています

モノを見える化するアプリを作りたい

最近、プログラミングを勉強しています。その知識を使って自分の作品を作りたいなとおもっていたのですが、アイデアができたのでさっそく作ってみたいなと思っています。

その名も、モノリスト!。所有しているモノを管理するアプリです。対象者は、所有物の見える化を簡単に行いたいミニマリストを考えています。
そのために、アプリのホーム画面にて所有物をぱっと見でわかるようにしようと思います。ウィジェット機能もつけ

もっとみる

ギブは与えるタイミングを考えろ

「ギブは与えるタイミングを考えろ」と思うことがあったので、記事を書きます。

それは先日、ココナラというサービスを使ったときの話です。

ココナラとは、イラストやプログラミングなどの仕事を個人間で依頼することのできるサービスです。個人が気軽に仕事を受けることができるサービスであるため、依頼料金はとても安いです。

私は、このココナラで今使ってるアイコンの依頼を行いました。ちなみにこの方です。

もっとみる

LinuxというOSとその開発者の価値観について

Linuxは、Windows やmacOSと同じOSの1つです。OSとは、CPUやメモリなどのコンピュータ(パソコン)部品をアプリケーションや利用者が動かすことができるようにするシステムです。

ちなみにFiIrefoxの調査によると、1月27日の時点でLinuxの利用者数は3.026%です(Firefoxの利用者から算出)。少ないですがWindowsとMacOSに続き3番目の利用者数です。僕もL

もっとみる

映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」

この映画は、マクドナルドを世界的に有名な飲食店へ成長させた、レイ・クロックという男が主人公。マクドナルドを創業したのは、マクドナルド兄弟という。この兄弟から、レイ・クロックはフランチャイズ権を獲得し、事業を拡大していった。

この物語は、1954年、レイ・クロックがシェイクミキサーのセールスマンとして米国中西部を旅してまわってるところから始まる。ある日、マクドナルド兄弟が8台のシェイクミキサーの注

もっとみる

ロジックツリーを利用したタスク管理

問題解決をするときには、論的な構造で考えることが大事である(私の問題解決の考え方は、「問題解決で最も重要なこと」と「論点が決まったらすること」)。手順としては、まずは解決すべき論点を決める。そして、その論点を分割していくというものになる。図で表すとこんな感じ。

この図では最初に決めた論点を大論点、大論点を分割したことにより浮かび上がる論点を中論点、中論点を分割し分割できなくなった論点を小論点と呼

もっとみる

効率的なメモツールはGoogle Keep

前回、こういうメモツールがあればいいのになという内容の記事を書きましたが、自分の理想に合うメモツールを発見したので紹介します。

そもそもメモというものは、必要になるときに備えて、情報を残しておくためのツールです。すなわち、インプット(情報の取得)とアウトプット(情報の利用)をつなげるツールです。このように考えると。最も効率的なメモツールは「Google Keep」であるように思えます。

Goo

もっとみる