冷蔵庫はいらない/外食で済ませるメリット

冷蔵庫は、食料品や飲み物を冷やす使うために家電製品です。多くの人に使われているとっても便利なものです。ただ私は冷蔵庫を使っていません。なぜなら、食事は、基本的には外食で、たまに料理済みのものを買ってきて済ましています。そうしているのは、この生活の2つのメリットに魅力を感じるからです。

1つめは、時間を節約できることです。家でご飯作ることを考えると、買い物と料理の時間で、最低でも平均40分はかかるでしょう。対して、ごはんを買ってくるか外食で済ますと、お店と食事を選ぶことで遅くても20分くらいで終わると思います。この20分の時間を作業時間にあてることができることは大きな価値です。

2つめは、交友関係が広くなることです。冷蔵庫のない生活だと、自然と多くの人とお店に食べに行くことも増えるでしょう。人とご飯に行きたいからお店で食べるのではなくて、お店に食べに行くから人を誘う。このような考えに代わることで、人との関りは大きく増えるでしょう。

このような理由から食事は基本的に外食で済ましています。ただ、水だけは部屋になければ結構きついですが、水を冷蔵庫に冷やしておく必要はないです。多くの人は冷えている水に慣れているだけだと思います。私もそうでしたが、一週間ほどで常温の水に慣れました。それに、冷えた水よりも常温の水の方が、体温との温度の差から、胃や腸に負担がないそうです。

てな理由で冷蔵庫を持ってません。あなたも冷蔵庫、本当に必要ですか?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

コメント1件

料理を作る時間の触れ合いが好きなので、冷蔵庫は必要派です。

でも、おっしゃることもわかります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。