SNSによる人間関係の構築

現在は、SNSなどの人とコミュニケーションをとるサービスのおかげで、人間関係を新たに作り上げることが簡単になりました。もちろん、昔からある直接会って仲良くなるコミュニケーションの手段がある上で、私たちはこのようなサービスを使っています。すなわちSNSは、既存の直接会うコミュニケーションに+αをして、人間関係の構築に手助けをするツールという側面をもっています。

ここで、人間関係の構築する手段は大きく分けて、前述したSNSの利用と所属するコミュニティの利用の2つです。この2つの大きな違いは所属する人数です。コミュニティに所属する人数は、会社だと会社に所属している人、サークルだとサークルに所属している人ですが、SNSではSNSを利用している人全員です。大きな差があります。

そのため、所属するコミュニティによる人間関係の構築では、所属する人が限られているため、嫌われることはリスクであり、ある程度気を使っていく必要があります。対してSNSでは、所属する人が把握できなほどであるため、人に気をつかう必要はそれほど必要ありません。人間関係を構築する上で本質的な意味をもつお互いに興味をもったかどうかをより重要とすることができるのです。SNSにおいて存在しているのは、興味をもたれるのか、興味をもつのか。極端に言うとそれだけです。

SNSの人間関係の構築にて、大切にすることはいかにして多くの人に興味を持たれるかです。これは、興味を持った人がいても、興味を持たれないと、関係を構築することができないからです(もちろん、多くの人に興味をもたれることは、人間関係の構築以外に、多くのことにいかせます)。興味を持たれるには、人にとって興味をもたれる情報を発信する必要があります。さらに実績があったりフォロワーが多ければ(信頼があることを示せる)なおよしです。

すなわち、SNSにて多くの人間関係を構築させていくためには、多くの人にとって興味のある情報を発信していきましょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。