フォトブックを作成した話

こんばんは、突然ですがフォトブックを作成しました。

作成に至った理由はいくつかありまして、実は1年ぐらい前からぼんやりとは考えていました。

基本はやっぱりWeb媒体からの発信が主体なんですけど、ここ半年ぐらい友人の展示にもいくつか足も運んでいて、「あーやっぱりプリントっていいな」と改めて強く感じたことが作成のきっかけです。

展示用向きの顔料プリンターの購入も検討したのですが、なかなか手を出せる金額ではなかったのと笑、ランニングコストもけっこうかかりそうなので、一旦保留としました。

あとは名刺代わりというか自分で1冊は持っておきたかった、ということぐらいでしょうかね。

フォトブックコンセプトについて

・ロケーションは京都

・写真は街の風景とファッションスナップ

・表紙はハードカバー

箇条書きにするとこんな感じですね。


売るか売らないかの判断

これについてはめちゃくちゃ時間をかけて悩みました。もともとの目的は「紙媒体として残したかった」というところなので。

悩んだ理由の一つとしては価格設定ですね。ハードカバーにして、紙質もこだわると原価が跳ね上がります。さすがに原価割れで販売するわけにはいかないので笑

いろいろ考えた結果、4,500円というようわからん中途半端な金額になってしまいました。とても素人の出す価格設定ではないことは重々承知していますが、それでもどれだけの人がこのフォトブックにお金を出せるかというのを見たかった、というのが本音です。

ちなみにいつもお世話になっている京都のPhotolabo hibiさんには置いていただけるので関西にお住みの方は買わないほうがいいです笑

今の心境について

4月は桜の時期を過ぎてから、このフォトブックに撮影のすべてを費やしました。2-3枚を除いてはほぼ撮り下ろしです。めちゃくちゃ気合を入れたので作成を終えた今は満足している反動もあってだいぶ放心状態というか、なんでしょう、次に何撮っていいかわからないです笑

Tsuyoshi Hasegawa Photobook 「Kyoto on Mind」

ハードカバー版 A5サイズ24ページ ¥4,500円

ソフトカバー版 A5サイズ16ページ ¥2,000円

ご購入ご希望の方はTwitterもしくはInstagramのDMにてお問い合わせください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10

Tsuyoshi Hasegawa

Photogragher & Writer Based in Kyoto
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。