村上春樹さんの「ダンス・ダンス・ダンス」の「僕」とのシンクロ

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

最近あまり書く機会がないのだが、僕は村上春樹さんの小説の大ファンだ。

特に初期から中期の作品にお気に入りのものが多い。

「風の歌を聴け」「1973年のピンボール」「羊をめぐる冒険」「ダンス・ダンス・ダンス」の初期四部作、「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」「ノルウェイの森」「ねじまき鳥クロニクル」「国境の南、太陽の西」あたりまでが、僕にとっての一番のスイート・スポットだ。

もちろん海辺のカフカ以降の作品も好きなのだが、僕はリズムの良い文章が好きなので、初期から中期までの、軽快な文体の方が親しみやすい。

と言いつつも、ここ数年、小説自体を手に取る機会がなかなか持てず、春樹さんの作品も読めずにいたのだが、今週ふと思い立って手に取ったのが、「ダンス・ダンス・ダンス」だ。

この続きをみるには

この続き:1,366文字
記事を購入する

村上春樹さんの「ダンス・ダンス・ダンス」の「僕」とのシンクロ

立花岳志

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

12

立花岳志

立花岳志のブログに書けない本当の話

作家・ブロガー・カウンセラーの立花岳志が、自ら実践している六本木と鎌倉のデュアルライフ、妻と恋人のマルチ・パートナーシップ(ポリアモリー)、そしてサラリーマン時代の6倍以上を稼ぐようになったワークスタイルなどを綴ります。 月額1,000円読み放題なので、単独記事で購入いただ...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。