「発振」と「受振」と「共振」が前提となっている「周波数」と「波動」のライブ

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

昨日はあやちゃんが総合プロデュースの音楽とトークのイベント、R-Spirit vol.3だった。

このイベント、今回で4回目(一回目はナンバーがついていないvol.0だったので)なのだが、毎回どんどんパワーアップしている。

昨夜はお客さんの数も過去最高の大入満員だったが、今回はスピリチュアル色を前面に出したせいか、前回までとはかなりお客さんの層が違っていた。

タイトル「光も闇も抱きしめて」のとおり、統合や調和がテーマになった素晴らしい時間と空間になったわけだが、すごいなーと思ったのが、会場の一体感。

その一体感はどこから生まれてくるかというと、「共振」なんだと僕は感じた。

この続きをみるには

この続き:760文字
記事を購入する

「発振」と「受振」と「共振」が前提となっている「周波数」と「波動」のライブ

立花岳志

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9

立花岳志

立花岳志のブログに書けない本当の話

作家・ブロガー・カウンセラーの立花岳志が日々感じたこと、学んだことなど、実践していることなどを、等身大のエッセイスタイルでお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。