「愛国者」としての発信と発振を始めよう

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

もうすぐ立春で旧正月でもあるので、2019年をどうやって生きるかについて想いを馳せる時間が多い。

僕は死ぬまで情報発信者だと思うので、どう生きるかというテーマは、そのまま「何をどのように発信するか」に直結する。

で、ブログは10年、メルマガは3年やっているわけだけれど、僕のすべてを発信しているわけではないんだなぁ、と思うことが最近多い。

なかでも発信しないように避けてきたテーマの一つが、国家とアイデンティティーのことだな、と思う。

僕は日本という国を愛していて、日本人という民族に生まれ、生きていることを誇りに思っている。

念のため書いておくと、僕は極右ではないし、特定の政党に所属して積極的に活動しているわけでもない。

もともと僕は政治的人間ではないのだ。

僕は、ナチュラルに、自然体で、日本という国と日本人、そして日本文化を愛しているのだ。当たり前のように。

この続きをみるには

この続き:1,146文字
記事を購入する

「愛国者」としての発信と発振を始めよう

立花岳志

400円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

14

立花岳志

立花岳志のブログに書けない本当の話

作家・ブロガー・カウンセラーの立花岳志が日々感じたこと、学んだことなど、実践していることなどを、等身大のエッセイスタイルでお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。