ゆるい引っ越し

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

明日引っ越しをする。

いままでの自宅兼事務所のある六本木から、南麻布への引っ越しだ。

僕は27歳で実家を出てから流浪の民よろしく、かなりの回数引っ越しをしてきた。

一番最初に自宅から旧保谷市に引っ越したときは、親の車に自分の荷物をテキトーに突っ込んで出て行っただけだった。

でも、それ以降は毎回引っ越しのたびに、洗濯機やら冷蔵庫やらテレビ(今はもうないけど)やらを移動させるため、引っ越し屋さんのお世話になる。

で、途中で離婚やら何やらもあったが、引っ越しの度に徐々に家財道具や荷物が増え、規模が大きくなっていく。

そうすると、引っ越しもだんだんハードになり、大変なことになっていくはずなのだが、今回はそうなっていない。

実際引っ越しは明日なのに、僕はこうして本日2記事目の執筆をしているし、合間にさっき食器の荷造りをしたが、15分くらいであらかた終わってしまった。

この続きをみるには

この続き:1,283文字
記事を購入する

ゆるい引っ越し

立花岳志

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

立花岳志

立花岳志のブログに書けない本当の話

作家・ブロガー・カウンセラーの立花岳志が日々感じたこと、学んだことなど、実践していることなどを、等身大のエッセイスタイルでお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。