見出し画像

僕の中のDNAが騒ぐとき

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

福岡にやってきた。

去年の1月に一泊二日の強行軍で来て以来1年3ヶ月ぶり。

ただ、そのときは企業研修のための来福だったので、自分のセミナーで来るのは多分2年近くぶり。

そして毎回福岡に到着すると、毎回感じる感慨が僕にはある。

それは、「ああ、帰ってきたな」という不思議な既視感のような気持ち。

僕は東京生まれ東京育ちで、福岡には一度も住んだことはない。

それなのに、なぜか福岡にやってくると、「来たなー」という感覚ではなく、「ただいまー」という感じになるのが不思議。

これは僕の勝手な推測だが、僕の身体の中のDNAが、僕に何かを訴えているために起こる感覚なのではないかと思っている。

この続きをみるには

この続き:1,469文字
記事を購入する

僕の中のDNAが騒ぐとき

立花岳志

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

立花岳志

作家・ブロガー・カウンセラー。ブログNo Second Life運営。六本木と鎌倉のデュアルライフ実践中。noteにはブログに書けない「ライフスタイル」「お金」「パートナーシップ」を中心に有料コンテンツを配信。

立花岳志のブログに書けない本当の話

作家・ブロガー・カウンセラーの立花岳志が日々感じたこと、学んだことなど、実践していることなどを、等身大のエッセイスタイルでお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。