「離婚」という言葉はイヤだが「卒婚」も違う

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

このnoteでもブログでもメルマガでも、便宜的に「離婚」という言葉を使っている。

法律的にも正しい表現は「離婚」なので仕方がないのだが、この言葉はすごく違和感があって、本当は使いたくない。

それは、僕らが行った行為が、婚姻関係の解消ではあったけれど、世間一般の人がイメージする、いわゆる離婚とは、大きく異なることだったと自負しているからだ。

この続きをみるには

この続き:1,144文字
記事を購入する

「離婚」という言葉はイヤだが「卒婚」も違う

立花岳志

400円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

14

立花岳志

立花岳志のブログに書けない本当の話

作家・ブロガー・カウンセラーの立花岳志が、自ら実践している六本木と鎌倉のデュアルライフ、妻と恋人のマルチ・パートナーシップ(ポリアモリー)、そしてサラリーマン時代の6倍以上を稼ぐようになったワークスタイルなどを綴ります。 月額1,000円読み放題なので、単独記事で購入いただ...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。