僕らは「クリエイティブ・ジャンキー」

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

最近自分のことを「クリエイティブ・ジャンキー」と呼ぶことがある。

どういうことかというと、「クリエイティブなことしかできない症候群」とでも言おうか。

「ジャンキー」なので、中毒者なのだ。

時間が許す限り延々と原稿を書いてしまう。

他にやらなきゃいけないことがあるのに、ついついブログを更新してしまう。

もう疲れているのに、セミナーの資料を作ってしまう。

など、クリエイティブなことを、他のことよりも優先して延々とやってしまうのだ。

それ自体は悪いことではない。

だってクリエイティブな仕事は僕の稼ぐ手段なんだから、クリエイティブなことに時間を使うことは悪いことではない。

というか、むしろ良いことでもあると思う。

でも、弊害もいろいろとある。

この続きをみるには

この続き:1,565文字
記事を購入する

僕らは「クリエイティブ・ジャンキー」

立花岳志

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

立花岳志

立花岳志のブログに書けない本当の話

作家・ブロガー・カウンセラーの立花岳志が日々感じたこと、学んだことなど、実践していることなどを、等身大のエッセイスタイルでお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。