見出し画像

一日中「死」について考えていた

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

一昨日の夜に遭遇した自動車事故のせいで、昨日は一日ずっと「死」について考えることになった。

たぶん、生まれてからの中で、祖母が亡くなった日と同じか、それ以上に死を身近に感じた。

祖母が亡くなったときは、祖母の死を通じて、間接的に自分の死を見つめる形だった。

でも今回は、自分の命があと数メートルで危なかったという体験から、直接的に自分の死について、考えさせられることになった。

もちろん、直接的に事故に遭遇した車の方たちのことは気がかりだが、いかんせんまったく知らない人たちのことなので、あまりリアルにイメージすることができない。

それよりも、自分の死の方がはるかにリアリティーがあり、身近であり、そして深刻な問題として自分の前に現れたのだ。

この続きをみるには

この続き:2,396文字
記事を購入する

一日中「死」について考えていた

立花岳志

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13

立花岳志

作家・ブロガー・カウンセラー。ブログNo Second Life運営。六本木と鎌倉のデュアルライフ実践中。noteにはブログに書けない「ライフスタイル」「お金」「パートナーシップ」を中心に有料コンテンツを配信。

立花岳志のブログに書けない本当の話

作家・ブロガー・カウンセラーの立花岳志が日々感じたこと、学んだことなど、実践していることなどを、等身大のエッセイスタイルでお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。