禁止された理由と許可が出た理由

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

「クリエイティブの神様」シリーズの今日も続き。

昨日に続いて今日も結構気合いの乗った良い記事を書けた。

こういう記事を書けば注目されるし、アクセスも上がるし、立花B塾やTLIへの申し込みも増えることは、プロだから当然分かっていた。

でも、分かっていても、こういう記事を書く気持ちになれずにいたのには、心理学的には理由が判明している。というか、先週明確に腑に落ちたのだ。

僕は2011年から2012年にかけてブロガーとしての月間PV数が非常に高い時期があった。

そのあと2016〜17年にもPVが高い時期があったが、2011〜12年のときと、2017年とでは、アクセスの傾向がまったく違った。

2011〜12年にPVがすごく多かった時期は、僕は「はてなブックマーク」やTwitterを中心としたバズでアクセスを稼ぐ手法でPVを稼いでいた。

それに対して2016〜17年にPVが年間過去最高になった時期は、バズではなく検索経由でのアクセスが非常に多かった。

この続きをみるには

この続き:2,622文字
記事を購入する

禁止された理由と許可が出た理由

立花岳志

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

16

立花岳志

立花岳志のブログに書けない本当の話

作家・ブロガー・カウンセラーの立花岳志が日々感じたこと、学んだことなど、実践していることなどを、等身大のエッセイスタイルでお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。