家がコックピットで街に住む感覚

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

先日ブログに書いたとおり、六本木から南麻布への引っ越しが決まった。

いまの六本木の家は、麻布地区のほぼ北の端にあり、今度の家は南麻布というくらいで、麻布地区の南の端に近い。

六本木と南麻布の間には、麻布十番と元麻布があるので、遠い印象があるけれど、こないだ自転車で走ってみたら、ほぼ直線コースで5分しか掛からなかった。

Google Mapsで見ると、六本木の家から新居まで1.8kmほど。自転車で5分ということは、歩くと約15分ということで、鎌倉の家からJR鎌倉駅までが徒歩15分なので、そんなものだ、という感じ。

ただし、最短距離を行くためには、六本木の家を出て、鳥居坂を下り、暗闇坂を登る必要がある。

どちらの坂も、坂が多い麻布の中でも屈指の急坂なので、電動アシスト付き自転車じゃないと辛いところ。

この続きをみるには

この続き:1,564文字
記事を購入する

家がコックピットで街に住む感覚

立花岳志

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

立花岳志

立花岳志のブログに書けない本当の話

作家・ブロガー・カウンセラーの立花岳志が、自ら実践している六本木と鎌倉のデュアルライフ、妻と恋人のマルチ・パートナーシップ(ポリアモリー)、そしてサラリーマン時代の6倍以上を稼ぐようになったワークスタイルなどを綴ります。 月額1,000円読み放題なので、単独記事で購入いただ...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。