【cinema】パリ、恋人たちの影

2017年24本目。

フランス映画はズルい。男と女のこんな愛のやりとりが、サラリと、オシャレに描けるのは、フランスだからだ。私が勝手にオシャレと感じているだけかもしれない。本当はもっと泥臭いのかもしれない。それでも、この街にいる恋人たちは、どこか浮世離れしていて、自分と同じ世界に住んでいるとは到底思えないのです…。

ドキュメンタリー作家ピエールと、低予算のドキュメンタリー映画を制作するピエールの才能を信じ、夫を支える妻マノン。映画制作に行き詰まりを感じていたピエールは、偶然出会った若い研修員のエリザベットと恋に落ちる。しかし、妻のマノンと別れるつもりはなく、あくまでもエリザベットとは身体だけの関係で、罪悪感もなく、エリザベットとの関係を続けるピエール。そんなある日、エリザベットは、マノンと浮気相手の密会を目撃してしまう。(映画.comより転記)

自分は浮気していても、妻の浮気は許せない。男の身勝手な考え方。妻が他の男に向けて見せる自分の知らない笑顔、姿。無表情、無関心を装っていても頭の中は、そんな妻のことだけ。そんなもんですか?

女の言い分を言わせて下さい。

先にしたのはアンタ。どんなに貴方を応援していても、陰ながら支えていても、それが当たり前。本当は才能なんて、あるの?自分一人で何かやってのけたこと、ある?優しい眼差しなんて向けてくれたこと、ここ最近ない。

愛は見返りを求めては駄目だ、というのは散々どんな恋愛指南書にも書かれている。無償の愛が昇華して、永遠の愛になると。

わかるよ、わかる。理屈ではね。でも実際は違うよね。愛したいし、その分愛されたい。夫がそれを埋めてくれなければ、誰に?

ということがですね、ひたすらモノクロの画でオサレに描かれているのです。パリの街角ほど似合う場所はない。

私がこの作品で好きなところは、ラストです。あれだけニコリともしなかったピエールが、妻と分かり合えた(んだよね?)瞬間、満面の笑みを浮かべるんです。それだけでね、それまでドロドロだった二人の愛は、文字どおり昇華された。

↑これね。スタニスラス・メラール、いいオッサンになったな…でも童顔だな。

それにしても、愛人エリザベットの存在って…。彼女が一番都合のいい存在じゃないの。カラダの関係だけでいい、なんてウソ。女ならわかる。愛したいし、愛されたいよね。でも本音を口にしてしまったら、ピエールは離れていってしまうこともわかっている。世の中不条理で、誰かが偏って痛みを抱えることになる。そういうことも思い知らされる。

まあ、最終的にはですね、どれだけね、相手を想っていても伝わらないことがある。口にして、時には罵り合って、腑に落ちる瞬間って誰にでもあるんじゃないかな。

ということをずっと書きたかったんですけど、これ見たの2ヶ月以上前かも。さー、あと15本!笑

#映画 #レビュー #cinema #シネマ #フランス #パリ #パリ恋人たちの影 #感想 #note映画部

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます😊
20

つぶまる

とにかくひたすら映画について語る vol.2

どうやらマガジンにはnote100記事しか保存できないらしいので、vol.2を作成しました。
1つのマガジンに含まれています

コメント2件

フランスの恋愛映画が観て見たくなりました。レビュー楽しみにしてますので、ゆっくりこれからも書き続けてくださると嬉しいです。
hoshichikaさん、フランス映画は別格なんですよね。高尚なのかそうでないのかよくわからないし、いつ見ても理解できてるのかできてないのかさえわからないですけど、何かいいんですよね、フランスの恋愛映画。よくよく考えたら16本たまってるので、ゆっくり書いていきます!ありがとうございます😊
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。