なぜじぶんの写真を「作品」と呼ばずに「コンテンツ」と呼ぶか

よく、じぶんの写真について「コンテンツ」という言葉を使います。「作品」と呼ぶときもありますが、けっこう使い分けているんですね。

最近いろんなところで聞くこの「コンテンツ」という言葉は、ざっくりいうと「中身」という意味です。中身ということは容器(容れ物)があるということなんですが、テレビなら番組が、映画館なら映画が、新聞なら記事が・・・、つまりメディアや場所などの容れ物があって、その中身がコンテンツというわけです。

じぶんはこの「容れ物」を意識しているからこそ、じぶんの写真をコンテンツと呼ぶんですね。このことについて眉をひそめる人もいるでしょう。それはなぜか?

この続きをみるには

この続き:516文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

ISSUE.001

500円

【更新終了】月間マガジンの2016年1月版。フォトグラファーとしての経験や考えたことなどを発信しています。

または、記事単体で購入する

なぜじぶんの写真を「作品」と呼ばずに「コンテンツ」と呼ぶか

保井崇志

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

マガジンを定期購読していただけたらもう十分です!

いつもありがとうございます!
12

保井崇志

ISSUE.001

【更新終了】月間マガジンの2016年1月版。フォトグラファーとしての経験や考えたことなどを発信しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。