月影の家のヴァレンティオンデーに出てきた人たち

刹 月影(セツ ツキカゲ)

アウラ・ゼラ族の青年。表の顔は冒険者、裏の顔は復讐専門の殺し屋。冒険者としては忍者として活動することが多いが、あらゆる職種を齧るため、ほかの立ち回りもある程度は出来る。故郷で《忍びの真似事》を継承してきたため、通常の忍術以外に隠し武器や銃の心得もあるが、普段は冒険者に準じた忍者として行動する。目が悪く、自然光、人工光どちらにも弱いため、シェイデッドグラスを愛用する。至って冷静であり、どこか不敵に笑っていることが多い。5歳年上の兄、3つ下の妻がいる。ふとしたことで魔物であるパイッサの子供を拾い、栗丸と名前をつけて世話をすることに。こう見えて甘い物が大好物。皮肉屋であり、縛られることを極端に嫌う自由人だが、お人好しでもある。

レン・イグナシオ

ヒューラン・ハイランダー族の女性。刹の配偶者。アラミゴ出身で幼い頃に両親に連れられて帝国属州だった本国を脱出し、エオルゼアで育つ。両親はアラミゴ解放軍に所属し活動中に戦死。戦災孤児、としてまとめて育てられたため常に自分は独りぼっちなのだと思っていた。長らく、解放軍のせいで両親が死んだ、と思っており、アラミゴ関係から遠ざかりたい一心で10代で裏の世界に足を突っ込むようになる。裏側の仕事がきっかけで刹と出会った。仕事を何度か共にこなしたのち、プロポーズしたのは彼女から。以来、時々二人で冒険にも行っている。刹とは反対で視力が良い。多少の護身術は使える。最近は機工士に興味があるらしい。掃除や片付けは好きだが、料理は苦手。好物は旦那の手料理。

栗丸(くりまる)

刹が宝探しの際、開けた宝箱から出てきたパイッサという魔物の子供。どういう経緯でなのか宝箱に詰められていた。放置して見殺すことも手を下して始末することも出来たが、刹の「俺の宝箱から出てこられたら仕方がない。」という理屈でそのまま拾われて一緒に暮らすことになった。性別は♂らしい。鳴き声も発さないが、超える力という言語や時間を超える力を持つ刹やその兄とは普通に会話ができる。好物はエーコン。嫌いなものは狭い箱の中と寒い場所。刹に連れられてあちこち散歩するのが一番の楽しみ。

雷刃 珂(ライハ カー)

刹の個人宅で使用人をしているアウラ・ゼラ族の青年。クガネ生まれ、クガネ育ちの東方風の名前の持ち主だが、両親は大草原アジム・ステップの出身でカーという部族。両親が外の世界を見たいとクガネに出てきたのちに彼が生まれたため雷刃は草原を知らない。時折、冒険者としても出かけるがその際は東方由来の刀を携える。両親に似て好奇心旺盛であり、エオルゼアを見てみたいと単身渡ってきた。冒険者兼用心棒として働いていたが大けがをし、長く武器を振れなくなった時に刹に会い、声をかけられて家で働くようになった。朝起きるのが苦手な刹に朝食を出してやるのが日課。丁寧な口調とふるまいだが、そこそこ皮肉も交えて喋る。


アドゥガン・ケスティル

刹の家で簡単な素材を管理しているアウラ・ゼラ族の青年。何が起きたのか詳しいことは分からないが、ウルダハでボロボロになっていた所を刹夫妻に助られた。そのまま、家に招き入れた形になる。極端すぎるほどの無口であり、喋ることがめったにない。意思疎通はボディランゲージが主。無口なものの、表情は豊か。どこで覚えたのか斧と弓の使い手であり、特に斧を持った時は普段とは別人のように獣じみた戦い方をする。おそらく、ゼラの故郷であるアジム・ステップの出身。刹が当地に足を踏み入れたときにようやく、沈黙の民、ケスティル族出身だと判明した。好物はアルトゴートの肉料理。無言同士でなのか栗丸とも仲が良い。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

月影と新月

月影の家のヴァレンティオンデー

月影夫妻のヴァレンティオンデー + 出てきた人たちの紹介
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。