自分を信頼するようになるまで

貴女を信じる俺を信じる

裏切られてもそれは俺の責任だ

信じる。てそれだけ大変なんだよ


そんなことを

人生の先輩に言われた




とき同じくして

君が、
僕を否定したり、批難したり
するわけがないと言う信頼があるよ

そんなことも友達に言われた


これを言われて、

とても


なんというか



ただそこにある深い温かさ

みたいなものを感じた




この二人に共通しているのは




他者を信頼する

他者を信頼する自分を信頼してる


ということだと思う







もう少しいうと


前者の先輩は生きてきた過程で
人に大きく裏切られたそうだ

でも

大きく信頼して貰えた経験もしている


だから

自分を頑張って信頼して
他者を頑張って信頼してる。


少しある不安を押し隠してる感じがした


でも


それでも


だからこそ

他者も自分も信頼する。を貫いている





一方
後者の友達は


他者を信頼することも
その自分を信頼することも


ナチュラルに肩にチカラ入らず出来てる



恐らく
自己信頼が根底にあるのだと思う


自分を信頼する。
という言葉の概念すら意識してないのかもしれない



とても
自然で深いのだ




この二人との時間をいただいて




わたしに出来ること



私は私が何をしても赦す
怒らない。信頼する。


私は私が何かをしなかったとしても赦す
怒らない。信頼する


私は私が何を感じても赦す
怒らない 信頼する



を、していく



きっと
それが





たとえ
失敗してしまったとしても
怒られないんだと
大丈夫なんだと



たとえ
本音を言ってしまっても
怒られないんだと
大丈夫なんだと

たとえ
進めなかったとしても
怒られないんだと
大丈夫なんだと



私がわたしの中に安心と信頼を築くこと

に繋がると思うから

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。