見出し画像

マスコミに商品やサービスを取り上げてもらうために

実際にプレスリリースを流す

今日は自分の会社の商品やサービスに適切な媒体を選びリリースすることをテーマに書きたいと思います

例えば自分の会社の商品やサービスに適切な媒体を選ばなければ取り上げてもらえる事はありません、より多くの媒体に取り上げてもらうためにもサービスや商品に適した媒体を研究しリストアップしましょう
どれぐらいの販売部数があるのかなども考え1番適したマスコミの連絡先を調べて配信先リストを作ることが大切です

媒体を研究しまとめられた資料を作成し自社の商品やサービスに合ったプレスリリースを流し配信しましょう、配信する時期は他に大きなニュースや発表などがある日はずらすようにし写真がポイントとなるプレスリリースの場合は郵送でプレスリリースを郵送をします(この時に担当者の名前を事前に媒体に確認しておいて名前を書いての郵送は効果あります)

プレスリリースを配信後は電話をかけて届きましたかと確認をしてもらうのも取り上げてもらう1つの手段です、その時に内容を1分くらいで説明できればより良い結果に結びつくこともあります採用されるためのプレスリリースの書き方はわかりやすく具体的にどのようなものを指すのかを明確にしたプレスリリースにしましょう

リリースする時の方法は郵送が1番いいと思いますファックスに関しては一方的に流されると読まれない場合も多々あります

プレスリリースを流す際に問い合わせが来た場合の返答もわかりやすく簡単にまとめて準備しておくことが必要と思います

次回はプレスリリース前に計画的にニュースをつくり、そのニュースをマスコミに取り上げてもらう戦略的PRのやり方をご案内致します

#オリジナル

#ゲーム

#マーケティング

#アニメ

#無料

#楽しい

#ブログ運営

#SNSマーケティング

#改善

#攻略

#ソシャゲ

#エンゲージメント

#自慢

#改革

#ラーメン流

#アクティブ

#ユーザー

#新規

#アカツキ

#ハチナイ

#無課金

#ハチナイ運営

#優遇

#廃課金

#ランクマ

#PR
#ビジネス

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13

れお

2007年マイクロソフトのBPビル・ミッチェルを招聘し京王プラザにて行われたPRイベントの一員、独自の手法を活かし新しいジャンルのPR展開中

個人で 軽く考えて楽に儲けましょう

ビジネスの参考になる情報や得する情報をお届けします
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。