はじめての中国  東北三省・「内モンゴル」からモンゴル国へ抜けるまで  中国(人)にあって日本(人)にないもの

2019年5月某日からちょうど3ヶ月間、海外をまわっていました。

行程は

中華人民共和国→モンゴル→ロシア→ポーランド→チェコ→スロバキア→ハンガリー→オーストリア→イタリア→ギリシャ→トルコ

旅に出た理由はひとことで言うと、現地に赴き自分の身体感覚を通して本に書いていないことを学びたいと思ったため。

詳しくは↓

この記事では、1ヵ国目の中華人民共和国からモンゴル国に抜けるまでを描きます。

ルートは、ハルビン→長春→瀋陽→旅順・大連→山海関→北京→フフホト→エレンホト→中モ国境越え

「中共」は中国共産党政府の略です。

1.心のバンジージャンプ 出発


海外放浪の出発日、2019年5月某日。

便は昼12時台出発の関西国際空港→天津空港で乗り継ぎ→ハルビン空港。

画像1

余裕をもって朝早く起床。荷物を再三確認し、名古屋の自宅を出る。

朝は思ったより気持ちが落ち着いていたが関空に到着し、いざ中国語の飛び交う搭乗ゲートに並ぶと緊張しだす。

空港スタッフから中国人に間違われながらいよいよ搭乗。

乗務員、乗客見える範囲ではすべてチャイニーズ。

アウェー感とともに高まる緊張。当たり前だがもう戻れない。

離陸した時はバンジージャンプを飛んだ感覚だった。

画像2

2.天津空港で受けた中共の洗礼と日本ではまず見ない光景


機内の空気にも慣れ、緊張も和らいできたところで

天津空港到着、乗り継ぎ。

入国カードを書かねばならないのは知っていたが、ハルビン空港で提出すると思っていた自分は書かずにイミグレに突入。

この続きをみるには

この続き:31,634文字/画像232枚

はじめての中国  東北三省・「内モンゴル」からモンゴル国へ抜けるまで  中国(人)にあって日本(人)にないもの

やまてつ(YT)

1,100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

やまてつ(YT)

歴史・国際政治・心理学好きの旅日記 HP→https://tyamadao.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。