お望月さん

カルマ調整を繰り返すハイパーマルチメディアコンテンツキュレーションエディター(CCHMMCCE)です。
固定されたノート

『既知作品の新規感想』は最上の娯楽である。

『既知作品の新規感想を眺める』ことは最上の娯楽であることがよく知られており、古代ローマのコロッセオでも「ガリア戦記の初見感想をツイートする人 対 血に飢えたライオン」という見世物が存在したことが記録に残されている。

こんにちは、お望月さんです。
このところ、これまで触れてこなかったジャンルのエンターテイメント作品に軽率に手を出すことによってタイムラインの攪拌が進み、健全なエンタメ摂取サイクルが培

もっとみる

人が死ぬ映画は楽しい『ハッピー・デス・デイ』&『ハッピー・デス・デイ 2U』(2019年の映画)

どうも。2019年の完全ノーマークスマッシュヒットホラー枠。全ヒューマンビーイングにオススメの作品『ハッピー・デス・デイ』と『ハッピー・デス・デイ 2U』を見てきたよ。

『ハッピー・デス・デイ』

ストーリー展開にストレスを感じないループサスペンスリラーコメディ。この方法を試そうぜ!という手段に関してはだいたい試すし様々な映画作品のオマージュも良い感じだ。

ヒロインが殺人犯を探そうとするが、彼

もっとみる

この映画のここんとこが五億点!(14) 『スイスアーミーマン』(2016の映画)

よく来たな。コンテンツライターのお望月さんだよ。

俺は毎日映画レビューを書いているが微妙な点数(低すぎず高すぎず)に関しては誰からも注目を浴びていない。この連続企画はそんな映画の「ここが五億点!」というポイントを400文字くらいを目安に短期間で更新をする企画です。

『スイス・アーミー・マン』

あらすじ

無人島で自殺しようとしたら、死体のダニエルラドクリフが流れ着いてきたのでおならジェットで

もっとみる

この映画のここんとこが五億点!(13) 『ロンドン・ゾンビ紀行』(2012年の映画)

よく来たな。コンテンツライターのお望月さんだよ。

俺は毎日映画レビューを書いているが微妙な点数(低すぎず高すぎず)に関しては誰からも注目を浴びていない。この連続企画はそんな映画の「ここが五億点!」というポイントを400文字くらいを目安に短期間で更新をする企画です。

『ロンドン・ゾンビ紀行』

(AmazonPrimeVideoでの配信はないようです……)

あらすじ

ロンドンでなんかゾンビが

もっとみる

この映画のここんとこが五億点!(12) 『オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主』(2013年の映画)

よく来たな。コンテンツライターのお望月さんだよ。

俺は毎日映画レビューを書いているが微妙な点数(低すぎず高すぎず)に関しては誰からも注目を浴びていない。この連続企画はそんな映画の「ここが五億点!」というポイントを400文字くらいを目安に短期間で更新をする企画です。

『オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主』

あらすじ

ベストセラー小説の実写映画化。幽霊が「みえるひと」である青年は、とある街角

もっとみる

この映画のここんとこが五億点!(11) 『セブン・サイコパス』(2013年の映画)

よく来たな。コンテンツライターのお望月さんだよ。

俺は毎日映画レビューを書いているが微妙な点数(低すぎず高すぎず)に関しては誰からも注目を浴びていない。この連続企画はそんな映画の「ここが五億点!」というポイントを400文字くらいを目安で短期間で更新をする企画です。

『セブン・サイコパス』

「イカれた奴、大募集!」その新聞広告は本当にイカれたサイコパスを呼び寄せてしまう。連続殺人鬼に連続殺人鬼

もっとみる