エッセー「〈午後の紅茶〉の氾濫」

あなたは無尽蔵に〈午後の紅茶〉を吐き出し続ける自動販売機に出会ったことはあるだろうか。

私はある。

これは実話です。

とあるオフィスビルの地下階である。
地底世界のどん詰まりにはタバコやジュースの自動販売機を並べることになっている。これは太古の昔から定められた法則だ。

私は150円をドリンクベンダーのスリットに投入する。
お目当てはもちろん<午後の紅茶 ストレートティー>だ。

ピボッ

ガゴッゴロゴロ

ガゴン

ガゴン!

ガゴン!!

立て続けに3本の<午後の紅茶>が吐き出された。

面妖な。

私が1本とり、2本とり、3本目に手をかけたときに異変が起こった。
その3本目の<午後の紅茶>は「栓」であったのだ。

3本目が支えていた出口が決壊した。残り全部の<午後の紅茶>が吐き出される。

ガゴゴ
ガゴゴゴ
ガゴゴゴゴゴ
ガゴゴゴゴゴゴ
ガゴゴゴゴゴゴゴン

あなたは無尽蔵に〈午後の紅茶〉を吐き出し続ける自動販売機に出会ったことはあるだろうか。
では、取り出し口にムリムリと押し込まれた〈午後の紅茶〉の群れは?
気を許せば一斉に襲い掛かってくる〈午後の紅茶〉の大群は?
湯水のごとくあふれ出す<午後の紅茶ストレートティー>は?

私はある。


少しずつ〈午後の紅茶〉を自動販売機から取り出していく。

み゛ーーーーーーみ゛ーーーーーー

自動販売機も嬉しそうだ。
取り出し口から1本を抜くと3本の〈午後の紅茶〉が湧く。
無限に続くかの単純労働だったが私はやりとげた。
自動販売機の期待に応えて丁寧に午後の紅茶を並べていった。

み゛ーーーーーー

紅茶をすべて吐き出すと自動販売機は平常稼働(?)に戻った。
最初に吐き出された〈午後の紅茶〉を1本だけ手に取り、携帯電話で箱の側面に書かれた緊急連絡先に通報する。

「あの……自動販売機から〈午後の紅茶〉が無限に湧いてきて……」

「?????」

「つまり無尽蔵にペットボトルを吐き出してるんですけど」

「……ぶふっwww」

電話先でオペレーターが吹きだす音が聞こえた。


#紅茶のある風景 #実話 #ノンフィクション #故障 #都市伝説 #怪談 #午後の紅茶 #無尽蔵 #エッセー

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもチヤホヤありがとうございます。頂いたサポートは有料Note記事や他記事サポートに利用させていただきます。

ニューロンを大切に。
40

お望月さん

【餅】今週のオススメレビュー

#コンテンツ会議 対応記事を中心にオススメしたい作品とかギアとかなんかを保存します。なるべく初心者向けだしこわくない。 不定期刊:週に1本くらいが目安です。
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。