映画「勝手にふるえてろ」の、どこに感心したかを考えていたら、ノートを書くことにした。

まず、映画は、主人公ヨシカに、その独白の「聞かされ役」となる、街の人たちを与えた。

ミュージカル映画で、主人公たちが歌い出すと、通行人や店員が、とつぜん絶妙なサポートにまわる、アレのようなものだ。

「聞かされ役」たちは、ヨシカの一方的な長広舌を聞いて、微笑み、いい言葉を返してくる。

それぞれむやみと個性的な彼ら、金髪のウェイトレスや釣りおじさんやバスの編み物おばさんたちは、通りすがりでありながらレギュラーであり、主人公ヨシカの「隣人」なのだ。

原作の奔流のようなモノローグは、親密な聞き手を得て、ダイアローグへと、歪んだ優越感と呪詛は、とめどもなく続く幸福な恋バナへと、変換される。

ヨシカ 彼は一年たっても、私の言ったことおぼえててくれてたんです。うれしかったなー、あのときのイチ、もう何度も脳内に召喚してるもん……。

彼女は話しながら、本当に幸せそうに笑う。

目を猫のように細めて、感に堪えないような、「きゅーん」と音がしそうな。たぶんあれは、胸がいっぱいになりやすい、心の弱い人の笑顔だ。

そこには、独特のフラジャイルな(こわれやすい)魅力がある。

綿矢りさの原作は、全編一人語りなので、主人公はつねに真顔で、笑顔がほとんど想像できない。

つまり、モノローグからダイアローグへという転換によって、映画「勝手にふるえてろ」は、すばらしく幸福な笑顔を得た。

この映画は、女優・松岡茉優のアリアだ。

全編にわたって、彼女の完璧なトーンコントロールと、タイミングの感覚(それは「桐島」の女子高生のときからあきらかだった)を堪能できる。

ヨシカ 人生初、告られたよ。いやー、急だわ。現実って急。あの猥雑なラブホ街のリアルなことよ。一見醜い現実こそ美しいのかもなあ。ザッツビューティフルサンデーだよ。

釣りおじさん なんて言われたんだよー。好きですー、なんて?

ヨシカ え? ……好きとは言われてない。ん、やだ、ずるい。言われたい。は? ふつう言いません?

そのサーカスじみた演技のキレは、渥美清、ジム・キャリーといった、最良の喜劇役者の系譜に連なるものだ。

けれど「勝手にふるえてろ」は、コメディであると同時に、非常にストレートな青春映画なので(どしゃ降りの中で叫ぶしね)、最終的に耳に残るのは、彼女の、怒りと哀しみのシャウトだったりする。

「ファーーーーック!」「あたしのこと、好きってウソなの!?」「どスケベが!」

ああ、早くもう一回観たい。

物語は、中盤、ガチャンと音を立てて、それこそ転轍機が切り替わるように、大きく転換する。

まず、彼女は、片想いの相手イチとついに心が通った、と思われた直後に、突き放される。そして、けっきょく三回しか話したことがなかった相手を思いつづけていた現実と、自分の今をとりまく孤独地獄に、直面させられる。

SNSの感想に「胸が痛い」「刺さりまくり」と書かれているのは、映画のトーンが一変するこの急転換によるものに違いない。

朝帰りの電車にはじまるその残酷なシチュエーションで、映画は、一回だけのミュージカルシーンに入る。

そのことは間違いなく、観客の感情曲線にとってのセーフティネット(歌があれば安心して泣ける)になっているのだけれど、と同時に、ここで彼女が歌うことは、主人公が「物語」を喪失する場面で感情のピークをむかえるという、ストーリー上のアポリアの解決にもなっている。

「聞かされ役」の投入といい、ミュージカルパートといい、作劇上の大きなギミックが、二つともみごとにはまっているわけで、大九明子監督自身の手になるシナリオは、本当にすばらしいものだと思う。

会社の休憩室での、OLたちのお昼寝タイム。その胎内回帰的な、やわらかい時間の記憶が、ラスト前、ヨシカの行動を、後押しするように見えること。

「二」役、渡辺大知の身体が的確によく動いて、例のタワーマンションの日の彼は「トムとジェリー」のトム(猫)のようだったこと。

原作のヨシカの毒吐きや不キゲンが、松岡茉優の「地味」寄りの容姿のなかで、生かされきっていること。

それらは、この物語が、映画になっていくときに、生まれたものだ。

綿矢りさの原作は、恋愛譚によって道すじを確保しつつ、車載動画のようにして、脳内言語の暴走を追体験させる。

大九明子監督は、原作のエピソードとストーリーラインに、ほとんど変更を加えず、それを映画へと置き換えることにインスピレーションを集中させた。

そうしてつくられた、生動する時間のなかに、松岡茉優のヨシカを「生きさせる」ということをした。

それは、実は、原作の小説のしたことと、同じだった。

ふつうの人として生きる、ということの「いたいけさ」が、この小さな物語には、あふれている、と思った。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

17

上田信治

#編集 #ライター 記事まとめ

編集、ライター、コンテンツ、メディアなどに関する記事をまとめていきます。
1つのマガジンに含まれています

コメント2件

この映画への愛が伝わってきます。本当に面白い映画でした。
ありがとうございます!ね、すごかったですよね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。