見出し画像

自然美ってなんだ? 人工物には自然美を感じないのか?

木の仕事をしていて「自然美ってなんだろう」と思います。

自然樹形を目指した剪定というのを心がけているんですけども、人により好みが違うのは当然で、美意識が違うのも理解できる。 だけどこれは人間からの視点であり、樹木からするとどうなんだ???という。

検索欄に自然美と打てばズラズラと出てくると思うんだけど、きっとそれは無意味だろうと決めつけている。今すぐ知りたいというわけでもない。

そんなとき、録画していたテレビ番組で切り紙絵の作品が出てきた。

フェイスブックでは書かなかったけど、それはマティスのブルーヌード。
2色の紙をハサミで切って貼ったものだが、それに自然美を感じてしまった。
いやいや、自然美って何もわからずに、定義なんてのもわからずにいるんだけども。その切り紙絵に自然美を感じてしまった。
「美」だけではなく「自然」が入るにはプロセスを感じとることが鍵ではないかな、と思う。

なぜそこに至ったのか?という僅かでも情報があれば、作品を見る目に変化がある。

ゴールだけではなく、途中にもおもしろさってあるよね。って。そんなことを思いながら庭のジューンベリーの写真を。

暖かいときは庭に椅子を出して本を読みながらビールを飲む。

キャンプチェアーだから定位置はなく、そのときの気分であっちへそっちへ。

最近はこの花芽に正対して飲む。
ふと、枝を引っ張り花芽に鼻を近づけたらほのかに甘い香りが!
準備が早いなと思いながら花芽を1つ頂戴する。
指で潰すといい匂い。

指、ビール、指、ビール、とオリジナルブレンドを楽しんだ。春だ。

桜の花芽を食べるウソという鳥がいるが、口臭はどうなんだと。
研究している人がいないか検索してみよう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ここでサポートしてくださった金額は誰かの何かのための応援資金として使いたいと思っております。

ありがとうございます。うれしいです。
3
山形で植木屋をしています。写真を撮ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。