映画『We Margiela』の感想

ドキュメンタリーかと思いきや

映画『We Margiela』を鑑賞しました。雑感だけ書くと、単なるドキュメンタリーを超えた素晴らしい作品でした。

タイトルをはじめて見た時「Martin Margiela本人の謎やブランドのヒストリーを紹介するベタなヤツでしょ」と早合点しました。実際、有名なショー映像を差し込みながら、関係者が当時を回顧するという形式を取っています。

…が!スゲーんだよ!何がスゲーってインタビューを受けた人のポジションと数。ビジネスパートナーのジェニー・メイレンスは音声のみだけど、その娘、企画担当、リテール担当、得意先、仕入先、モデル…と、本人以外の考えられる関係者が勢ぞろい!登場人物が多すぎて途中から名前を覚えるのを断念しました…。
関係者の記憶だけでなく、裏付けとなる某大な紙資料や製品サンプル(ボロボロになった初期タビブーツとか!)がスクリーンに映し出される。相当な時間とお金をかけたご様子。ドキュメンタリーとしての完成度が高い。

そこから更に深く、グイッと引き込まれたのは、ドキュメンタリーに留まらない充実した内容だったから。1990年代~2000年頃の絶好調だったモード業界の雰囲気を知ることができる貴重な資料になっているし、組織の理想の在り方やクリエーションの本質、そしてクリエーションとビジネスの両立がどれだけ困難かを教えてくれる。

一度見ただけでは全部を咀嚼できない。とても価値のある2時間でした。
ドキュメンタリーというところである種の単調さは避けられず、「眠かった」「紙で読みたかった」という意見もあるようです。が、マルジェラやスタッフの人間味、情熱を伝える、WEという無味無臭な概念を対比的に演出するという意図を踏まえると、やはり映像作品で正解かなと。

以下、感想を書きます。ネタバレがあるので、まだご覧になっていない方はスルーして下さい。




感想

長々書いてもキリがないので、印象に残っている内容を3つ書きます。
まずは「マルジェラも人間なんだなぁ」っていう当たり前の事実。僕がファッションに興味を持った頃、マルジェラは既にメディア大嫌いマンに闇落ちしていた。ほとんど謎の存在だった。
今や<ブランド表記がないネームタグ>は代名詞であり伝説になっているけれど、ブランドのスタート当初、彼はMartin Margielaという文字をタグに明記したかったらしい。その理由が「自分の両親のこともあるし…」という。そ、そうだよね、普通…。頑張ってるよ!って報告したいよね…。このアイディアはビジネスパートナーのジェニーの発案で、コンセプチュアルな意味はなく他との差別化が狙いとのこと。

作中では、かつてはコレクションの意図を熱心に説明していた、蚤の市で古着を熱心にDIGっていた、アトリエで掃除機をかけていた…といったエピソードが紹介される。その辺の服バカと変わらないじゃん!シャイで心優しい彼の一面をはじめて知った。ついさっきまで、すぐそばにマルジェラが座っていたような温かさを感じた。


二つ目は「カビドレス」にマルジェラは一切関与していないという衝撃の事実。当該作品は1997年、オランダのボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館にて開催されたマルジェラの企画展で発表されたものだ。野外に展示した服にカビ菌を付着させ放置するという控えめに言っても変態プレイで「マルジェラ、ファッションはアートや!」神話として語り継がれているが、彼は美術館に足を運んでさえいない。いや、逆にそういう意味では本当にアートライクだけども。

これはビジネスパートナーのジェニー、アトリエスタッフのパトリック・スカロンが中心となり行われたMaison Martin Margielaとしてのプロジェクトだったのだ。当時、一部熱狂的なファンの間では、メゾン表記になっていたことから「これマルジェラ本人関係なくね?」と噂になっていたがマジだったのである。オカルト怖えよ。

この頃までにブランドは急成長を遂げ、マルジェラ個人がすべてをディレクションするのが不可能に。その結果、様々な業務が敬虔なスタッフの独断によって行われるようになった。たとえば何かと語りたがらないマルジェラのために、本人確認を省略してインタビューに回答する等、にわかに信じがたい内容だった。
だが問題ない。今やMargielaはWEに、<マルジェラ個人>から<複数のマルジェラ>に変容したから。
モード神話の破壊者として賞賛されていた彼は、姿を消すことでますます神格化されるようになった。下はスタッフの集合写真。1段目中央の「空席」が「マルジェラ」。<不在の実在>という矛盾した表現は通常神を表現するときに使用される。空席の隣の黒いプルオーバーがジェニー。


三つ目は作品終盤で明かされる、失踪後のマルジェラの問いかけ。
2019年のANDAMを遠隔で審査すると最近話題になった以外、彼の消息について聞いたことがなかった。アトリエスタッフによると旅行したり、絵を描いたり…ファッションから離れて、自由気ままに暮らしているらしい。

マルジェラは彼に「この業界で年を取っていたいか?」と質問したが、それはネガティブなニュアンスだったと思う、と回想していた。曰く「創作に明け暮れていたあの時でさえ、マルジェラは楽しんでいなかったのかもしれない…」

少なくても僕の周りでは「マルジェラは陽気な壊し屋で、モードをやり尽くした達成感から引退した説」ばかりが囁かれていた。もし彼が言うような疲労感や倦怠感から現役を退いたとしたら一体何が原因だったのか?
作中では彼が最低賃金で週7日間働き詰めだったこと、プレッシャーの肥大、現行のコレクション制度の限界…等、負の告発がなされている。
引退の真の理由は憶測の域を出ることはないが、彼とブランドの事実上の頓挫の原因を立ち止まって振り返ることは、次の世代を生きるファッション・ヴィクティムの義務だと思う。



これからのクリエーション

作品の終盤で、DIESELへ売却後もマルジェラに引き続き在籍するスタッフが現状についてインタビュアーから質問を受けた。
彼女は少しの沈黙の後「どっちつかずよ」と言い、一度視線を左斜め上に切る。そして苦悶を押し殺しながら切ない笑顔で「Silence」と囁いた。人生の中で見た、一般人の最も切ない表情と重たい沈黙だった。ただただ切なくて、強烈だった。
あるいは無名だったMartin Margielaを最初期から扱っていたイタリアのセレクトショップ、ジャナ(JANA)。マルジェラ作品のコラージュが貼られたままになっている壁の前で、ハンサムを地でいくオシャレマダムが彼の復活を望蜀していた。その様は礼拝堂のようだった。

「ああ、マルジェラって本当にすごかったんだな…」と改めてその偉大さに気づかされた。チープな感想で申し訳ないけど、本当にそれに尽きる。圧倒されて、鑑賞後も彼のことが頭から離れない。
失踪して何年経っても未だに人の魂を魅了して離さない服、そんなものがこの世の中に確かにあったということを信じられますか。それが一体どのようなものだったのか想像できますか。


高度資本主義経済×グローバリズムの渦の中、新しいけど別に新しくないサムシングが次々と発表され、捨てられていく。3日過ぎれば僕達は発表されたものを思い出せなくなる。まあ振り返ることもない。

<WE>は事業のリスクをヘッジしたが、肝心のクリエーションは薄まってしまった。曰く「民主主義でクリエーションを生みだすことは出来ない」
これはファッションに限らない。今やあらゆる文化が共感のシモベになってしまった。アングラカルチャーはすっかり蒸発してしまった。全てがツルッとしたサーフェスに還元され、交換可能なひとつのデータになり、指先ひとつで処理される。

良くも悪くも独裁的なデザイナーは減っている。たとえばジェンダーでトラブったら即謝罪することは政治的に正しい。誰も否定出来ない。そうして益々みんな似たり寄ったりのものを作るようになる。
マルジェラが敬愛した川久保玲は貴重な例外と言っていい。女帝カワクボだからこそギャルソン帝国に今なお君臨し続けている。

先日、皇帝カール・ラガーフェルドが崩御した。モードの一時代の終焉と各社が報じたが、まさに次の世紀に向けてファッションにおけるクリエーションの概念の更新が始まろうとしている、そんな気がします。
そのセカイはマルジェラが見通したものだったのか、望んだものなのか、クリエーションと資本主義の避けられない着地点なのか…疑問は永遠に尽きない。



蛇足だけど、僕はファッションを言語化する時、クリエーション(CREATION)という言葉を使わない。何故ならクリエーションは「神だけに許された創造行為」を本来指すから。インスピレーション(IN-SPIRATION)も同じ。「神が魂の息吹をモノの中へ吹き込む(生を与える)」という意味なんですね。つまりゼロからイチを作るもの。

一方でファッションデザイン(特にモード)はイチからの発展だと考えている。あくまでデザイン(DE+SIGN、記号の操作)。
でも今回はなんとなく使いたくなってしまった。「ファッションだから、マルジェラだから、まあいいか…」となってしまった。まだモヤモヤしてるので、適宜追記の予定。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

34

三代目えぞ家☆ちゃも吉

場末のファッション漫談師

#ファッション 記事まとめ

ファッションデザイナーやブランド、サービスについての考察、コラムなどをまとめていきます。 無料部分でも十分記事が読める有料記事、読み物として面白い宣伝記事は、入れていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。