見出し画像

【0420】寝る前に、その日あった楽しいことを3つ書き出すと幸せになれる

1.朝イチに息子を抱っこしながら海を散歩

近くに海があって本当によかった。
むしろ近くに海がなかったら、地元には帰ってきていなかったかも。
寄せては返す波音に、空を行き交う飛行機雲。
良い感じの流木を杖代わりに1時間くらい歩いた。
東京は最高だけど、子育てするならお金がないと大変な街だなと思っていたから
今こうして割とのびのびと暮らすことができてうれしい。
住む場所は最高だから、後はより良く暮らしていくために
日々の仕事のやり方を変えていく必要がある‥!

2.奥さんの姉、妹が泊まりに来た

にぎやかでとても楽しい。
僕は三兄弟だったから姉妹の会話はとても新鮮だ。
それぞれが話したいことを話しているようで、お互いに共感しているようで、していないようで。でもとりあえずとても楽しそう。テンポが早い。

3.バターチキンカレーをつくった
ひとり暮らしのときは冷蔵庫の中にコンタクトしか入ってなかったくらい、元々ほとんどまったく料理をしないんだけど、今日はクラシルをみてつくってみた。
こだわりのスパイスを大量投入した結果、とても辛かったのでヨーグルトをドバッと入れたらもはやカレー味のヨーグルトになってしまった‥。と思った。
でも妻は「おいしいおいしい」と言っておかわりもしてくれた。またつくろう笑

=====
(アイルランド)「共和国が大胆な自由化と低税率で、金融・ハイテクの多国籍企業を引き付けたのに対し、北は重工業が崩壊して、主力産業が消えた。財とサービスの輸出では、共和国は2017年に四千億ドル(世界銀行)に達し、百億ドル超の北に三十〜四十倍もの差をつけた。」
〜『選択3月号』〜

#日記 #エッセイ #楽しいこと #うえ丸 #飛行機雲 #空 #海 #散歩 #流木 #姉妹 #バターチキンカレー #選択

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

うえ丸

地方在住20代後半既婚男。2018年8月に第一子誕生。ミーハー。家族、仕事、家づくり、おもひで等、その時々に感じたことを忘れたくないための日記。

寝る前に、その日あった楽しいことを3つ書き出すと幸せになれる

幸せになるために、まずは小さな幸せに気づくことから始める。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。